<日吉駅から高速バス>御殿場アウトレットが巨大な「買物観光地」に進化中

横浜日吉新聞

巨大な“ショッピング観光地”が誕生しそうです。日吉駅東口から高速バスが毎日運行されている「御殿場プレミアム・アウトレット」(静岡県御殿場市)では、来年(2020年)春に店舗数の大幅拡大を計画しており、今月(2019年)12月15日には日帰り温泉施設とホテルが先行オープン。買物だけにとどまらない「富士山観光スポット」となりつつあります。

2020年春の100店舗増設エリアに日帰り温泉施設とホテル(写真右奥)が先行オープンした御殿場プレミアム・アウトレット

アウトレットモールは、海外を中心とした著名ブランドやメーカー自らが出店して割引価格で販売する大型商業施設のこと。

都心のデパートなどにある定価販売を原則とした正規販売店へ影響をおよぼすことを避け、なおかつ出店コストを下げるために、主に郊外部や地方都市の高速道路インターチェンジ近くに大型駐車場とともに設けられています。

日吉駅と御殿場プレミアム・アウトレットを2時間15分で結ぶ高速バスは往路が富士急バス(写真上)、復路は東急バスが担当

東名高速道路の御殿場インターチェンジ近く2000年にオープンした御殿場プレミアム・アウトレットでも、グッチ(Gucci)やバーバリー(Burberry)、サンローラン(Saint Laurent)、プラダ(Prada)といった世界的な高級ブランドが進出。

また、ナイキ(Nike)やアディダス(Adidas)、プーマ(Puma)、アンダーアーマー(Under Armour)、アシックス(Asics)、リーボック(Reebok)などの有名スポーツ関連メーカーも店を構えます。

さらに、レゴ(Lego)やサンリオ、ポケモンストア、バンダイといった子ども向け商品を扱う店舗に加え、英国のダイソン(Dyson)や仏のティファール(T-fal)、イタリアのデロンギ(DeLonghi)といった海外家電メーカー店も出店。

一部は飲食関連も含め200店超を揃えることで、幅広い世代に訴求できるジャンルの商品を販売しているのが特徴です。

現在は「ウエスト」と「イースト」の2ゾーンで構成されるエリアに2020年春から3つ目の「サウスゾーン」が加わり約300店体制に

近年は、敷地内から富士山が一望できる環境ながら東京都心からの近さもあって、海外からの訪日客が増加。

来年春には、さらに約100店舗を増設して計300店体制とする増設工事が進んでおり、「日本最大のアウトレットが更にパワーアップする予定」(運営者の三菱地所・サイモン)となっています。

富士山一望のホテルと日帰り温泉

ホテルと日帰り温泉施設はいたるところから富士山を一望できるように作られている

2020年春の増設エリアには、店舗だけでなく、新たに日帰り温泉施設「木の花(このはな)の湯」と182室の「ホテルクラッド(CLAD)」が設けられ、12月15日に先行してオープンしました。

御殿場プレミアム・アウトレットは三菱地所と米国のショッピングセンター大手・サイモンの合弁企業が運営していますが、JR御殿場駅まで新宿駅から特急電車を乗り入れている小田急が設けていた遊園地跡を使って開設された経緯もあり、温泉施設とホテルは小田急グループによるもの。

ホテルの富士山側の部屋からは富士山だけでなく、普段はあまり見る機会のない“上からのアウトレット”も見ることができる

“富士山の真正面”といえる山の麓に建てられた両施設の特徴は、富士山を一望できる景観。ホテルのロビーや半数以上の部屋、露天風呂や館内レストランなど、あらゆる場所から富士山が眺められるようになっています。

炭酸水素塩泉の湯を使った日帰り温泉施設は、大人1600円(土休日1900円)で3歳から小学生までが800円(土休日950円)の入浴料で10時30分から23時まで利用が可能。別に貸切の個室浴場(60分4000円~7000円)も設けられています。

ホテルの隣にある日帰り温泉施設「木の花の湯」には、富士山が一望できる露天風呂や貸切個室浴場、本や雑誌を揃えた休憩スペースなどを完備

施設内には、数千冊の書籍や漫画類を揃えた休憩室もあり、富士山を眺められるスペースをはじめ、うたたねできるエリアや二段ベッドのような場所などを備え、買物の合間にくつろぐ場所としても最適。

また、併設レストラン「花衣(はなごろも)」では、御殿場産の山葵(わさび)を使った料理や地元の名産である「御厨(みくりや)そば」など、おおむね1000円台から2000円までのメニューを揃えており、土休日は混雑するプレミアム・アウトレット内のフードコート「フードバザー」や飲食店を避けたい際にも重宝しそうです。

箱根や河口湖への拠点となる御殿場

現在は商業施設エリアが工事中のため、アウトレットからホテル・日帰り温泉施設へは無料シャトルバスや路線バスで3~4分ほどかけてアクセスする形に

ホテルクラッド(ツインルーム1人あたり平日7200円、土休日1万1200円から)は、シティホテルのようにシンプルな施設ながら、富士山側の部屋からは山が一望でき、“朝風呂”も含めて直結した日帰り温泉施設の利用が可能。2日間かけて買物を楽しむ際にも適した宿泊場所となっています。

来年(2020年)春までは、店舗の増設エリアが工事中のため、温泉施設やホテルへは、無料シャトルバスなどで移動する必要があるものの、まだ多くの人には知られていないため、今だけの“穴場”と言えそう。

御殿場プレミアム・アウトレットには、箱根や河口湖など県境を越える著名観光地への路線バスが数多く乗り入れている

御殿場は静岡県ながら、県境をまたいだ神奈川県の「箱根」や山梨県の「河口湖」などの著名観光地へのアクセス環境も良好なため、プレミアム・アウトレットには多くのバス路線が集まっており、周辺観光の拠点としても活用が可能です。

【関連記事】

日吉から直結の御殿場アウトレット、冬にリゾートホテルと温泉が誕生(2019年9月2日)

日吉から御殿場アウトレットへ高速バスが運転開始、初日の乗車レポート(2017年3月12日、日吉駅を発着する高速バスの詳細)

【参考リンク】

御殿場プレミアム・アウトレットの公式サイト

日帰り温泉施設「木の花の湯」の公式サイト(2019年12月15日オープン)

HOTEL CLAD(ホテルクラッド)の公式サイト(2019年12月15日オープン)

日吉・センター北・たまプラーザ・市が尾~御殿場プレミアム・アウトレットの高速バス案内(東急バス)


カテゴリ別記事一覧