<五輪聖火リレー>日吉・綱島も武蔵小杉駅も、国際プールも走らず

横浜日吉新聞

東京2020五輪の「聖火リレー」日吉・綱島武蔵小杉駅付近も、都筑区北山田の横浜国際プール通らない形となりました。神奈川県は来年(2020年)7月1日(水)に川崎市と横浜市で行われる聖火リレーのルートを公表しました。

川崎市内の聖火リレールートは等々力陸上競技場から武蔵中原駅手前まで(聖火リレー神奈川県実行委員会の発表をもとにグーグルマップで作成

これによると、同日は川崎市中原区の「等々力陸上競技場」で出発式を行い、川崎市市民ミュージアムや川崎市とどろきアリーナの周辺を経由して、JR南武線の武蔵中原駅北口の手前付近まで2.6キロほどを走るルートで川崎市内の聖火リレーは終了し、横浜市内へ車で移動。

港北区内では日産スタジアム(横浜国際総合競技場前)の東ゲート前広場付近から、「新横浜元石川線」沿いに直線ルートで、港北インターチェンジ手前の「小机大橋」付近まで1.4キロほどの道のり。

港北区内の聖火リレールート(聖火リレー神奈川県実行委員会の発表をもとにグーグルマップで作成

その後は、三ツ沢球技場(神奈川区)から横浜駅付近や、関内エリア、みなとみらいなど市内中心部の6箇所で聖火リレーをそれぞれ実施し、最後は横浜赤レンガ倉庫で終了する計画としています。

このほか、神奈川県の実行委員会が推薦した聖火ランナーも発表され、港北区内関係では、慶應義塾大学日吉キャンパスで英国事前キャンプの支援活動を行っている学生をはじめ、武相高校(港北区仲手原2)出身のタレント・出川哲朗さん、港北区出身の俳優・谷原章介さん、元ラグビー日本代表キャプテンで慶應大学ラグビー部出身の廣瀬俊朗さんらが選ばれていました。

聖火ランナーについては、日本コカ・コーラなどのスポンサー4社からも別に選出が行われ、当日は1人あたり約200メートルを107人が走る予定です。

(※)見出し左の画像は聖火ランナーが持つ「トーチ」(東京2020オリンピック聖火リレーのサイトより

【関連記事】

港北区と中原区も通る、来年7月の五輪「聖火ランナー」を8月末まで募集(2019年7月19日)

<コラム>“聖火”は車で運ぶ? 五輪の「聖火リレー」は綱島街道を走るのか(2019年6月21日、日吉周辺へ誘致の動きもあった)

【参考リンク】

神奈川を走る!オリンピック聖火ランナー(東京2020オリンピック聖火リレー神奈川県実行委員会)

東京2020オリンピック聖火リレーの詳細ルート及び聖火ランナーを発表します(2019年12月17日、神奈川県)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧