<アピタ内>創業50周年の老舗店、店内工房で粉から仕込む焼き立てパンの魅力

横浜日吉新聞

法人サポーター会員による提供記事です】横浜・元町生まれ、創業半世紀の歴史を紡ぐ老舗パン店が、「一店舗一工房制」で、粉から仕込む焼き立てパンを毎日提供しています。

1969年11月29日、横浜元町(中区)に第一号店(元町本店)をオープン、今年で50周年を迎える老舗パン店「ポンパドウル」(株式会社ポンパドウル、三藤達男社長)。

店名の由来は、18世紀のフランスで芸術と文学を愛し、美食家としても知られたポンパドウル夫人から。

アピタテラス内「ポンパドウル綱島店」では、同社の一店舗一工房制に基づき、店内で焼き立てパンを提供している。店長の黒図大輔さんも地元横浜・金沢区の出身。入社以降20年以上にわたりパン作りの技術を磨いてきた

アピタテラス内「ポンパドウル綱島店」では、同社の一店舗一工房制に基づき、店内で焼き立てパンを提供している。店長の黒図大輔さんも地元横浜・金沢区の出身。入社以降20年以上にわたりパン作りの技術を磨いてきた

川崎市内でパン店「昭和堂」を経営していた創業者の故・三藤喜一氏は、当時のパン業界で主流だった「大量生産型」のベーカリーの将来に見切りをつけ、 多品種少量生産の「オーブンフレッシュベーカリー」を開くことを決心。

それまでなかった本格的なパンをつくるため、パンの文化が根付く本場・ヨーロッパを視察し、2人のパン職人を、フランスパンとデニッシュの技術指導者として招へい。「パン屋なのかブティックなのかわからない、フランス風の店というものを作りたい」と、青山、自由が丘、麻布十番などの候補地の中から、地元・神奈川県内で、「買い物客が集う商店街」でもある元町を選んだことが、横浜での発祥につながったといいます。

綱島進出のきっかけは、横浜駅(3店舗)以外で、東急東横線沿線での店舗がなかったため。昨年(2018年)3月末のアピタテラス横浜綱島(綱島東4)オープンと同時に、「ポンパドウル綱島店」として出店。

北綱島交差点側の出入口至近に併設されたイートインコーナーは全27席。焼き立てパンをその場で味わえると好評を博しているといいます。

粉から店内の工房で手作り「焼き立てパン」を味わえる

創業時からのロングセラー・角切りチーズを入れて焼き上げた「チーズバタール」(626円、1/2サイズ313円)は綱島店でも人気商品となっている

創業時からのロングセラー・角切りチーズを入れて焼き上げた「チーズバタール」(626円、1/2サイズ313円)は綱島店でも人気商品となっている

ポンパドウルの最大の特色は、全ての店舗が「一店舗一工房制」を貫いているということ。

売り場に並ぶほぼすべてのパンを、仕込み、一次発酵、分割、ベンチタイム、成形、二次発酵、焼成という複雑な製パン工程において休みなく一貫して行う「ストレート製法」によって作るほか、すべての工程を売り場に併設した工房で行う「オールスクラッチ方式」を採用。

集中工場などで生産した冷凍生地を使用するなどの「ベイクオフ方式」で多店舗展開するパン店が増えている中、ポンパドウルでは、あえて非効率だという「オールスクラッチ方式」を、創業以来守り続けているといいます。

一歳のお祝いや記念日にと、特別に焼き上げられる「一升パン」(3240円)。フランスパン生地を2キログラム(kg)使用。一週間前までの予約が必要とのこと

一歳のお祝いや記念日にと、特別に焼き上げられる「一升パン」(3240円)。フランスパン生地を2キログラム(kg)使用。一週間前までの予約が必要とのこと

粉から手作りし、窯から出た焼き立てパンを、店頭で購入し、味わうこともできる同店の魅力が、50周年を迎えるにあたり広く知られてきていることから、綱島店での客足も増加傾向に。

既に創業50周年を記念したイベント企画も広く展開しており、子どもたちが描き応募した優秀賞2作品を商品化したという「未来のパンフェア」を11月30日(土)まで開催。

イートインコーナーのラストオーダーは19時30分まで。WiFiも利用可能。キャベツいっぱいコロッケパン(270円)やフルーツミックスサンド(399円)と、コーヒー(204円)の組み合わせが人気とのこと。「お気軽にご利用ください」と黒図さん

イートインコーナーのラストオーダーは19時30分まで。WiFiも利用可能。キャベツいっぱいコロッケパン(270円)やフルーツミックスサンド(399円)と、コーヒー(204円)の組み合わせが人気とのこと。「お気軽にご利用ください」と黒図さん

また、創業日にあわせ毎月28日、29日、30日に人気商品を感謝価格にて発売しているという「お客様感謝デー」では、創業当時からのロングヒット商品「チーズバタール」を、特別価格540円(定価626円)で今月(11月)は提供する予定です(手作りのため、数量に限りがあるとのこと)。

「横浜元町」発祥の老舗の味わいを、アピタテラス横浜綱島で。

「ここにしかない」焼き立ての味を求めて来店する人々の期待に応えようと、今日も店内のパン工房は、一つひとつ、同店オリジナルの手作りパンを焼き上げています。

【関連記事】

アピタテラスが綱島街道の冬を彩る、来年2月までイルミネーション点灯(2019年11月14日)

<アピタ内>こども英会話で日曜コースを新設、共働き世代への配慮で(2019年10月29日)※アピタテラス専門店会・テナント紹介(最新記事)

アピタ内にキッズ向け新施設、「くまのがっこう」と初コラボで絵本の世界(2019年9月24日)※アピタテラス専門店会・テナント紹介

本の楽しさ・魅力を伝えたい、アピタ内書店が取り組む3つのチャレンジ(2019年8月22日)※アピタテラス専門店会・テナント紹介

【参考リンク】

ショップガイド~ポンパドウル 綱島店(アピタテラス横浜綱島のサイト)

法人サポーター会員:アピタテラス横浜綱島 専門店会 提供)


カテゴリ別記事一覧