三菱UFJ銀行が日吉駅前の「有人店舗」撤退、2020年2月から元住吉へ統合

横浜日吉新聞

IT化の進展で銀行の有人店舗は統合や縮小の方向にあるようです。都市銀行最大手(メガバンク)である三菱UFJ銀行は、日吉駅前浜銀通りのビル2階にある「日吉駅前支店」(日吉本町1)を来年(2020年)2月3日から元住吉支店と統合し、日吉駅前から有人窓口を撤退することを公式サイトや現地への掲示などで公表しました。

三菱UFJ銀行日吉駅前支店(有人店舗)は浜銀通りのビル2階にある

三菱UFJ銀行では、2023年度までに現在の35%にあたる店舗を削減して経費の削減を行うなどの経営方針を決めており、日吉駅前支店も該当することになりました。

元住吉支店の場所へ統合となるものの、日吉駅前支店自体は存続する形となるため、店番や店舗名、口座番号の変更は行われず、通帳やカードはそのまま使用が可能なため、利用者は特別な手続きを行う必要はありません。

ATMコーナーは支店とは別に隣接する浜銀通りのビル1階にあり、この場所で残るかどうかは未定

同支店は1階にファーストキッチン日吉店があるヒカルビルディング(HIKARUビル)の2階に置かれ、ATMは別に隣接する河野ビル1階に「ATMコーナー日吉駅西」として置かれています。

関係者によると、移転を含めATMコーナーが現在の場所へ残るか否かは決まっていないとのこと。日吉駅構内にある「ATMコーナー東急日吉駅」は現時点で統合対象にはなっていません。

【関連記事】

高田駅前から「横浜銀行」の支店撤退、12月13日でATM営業も終了(2019年8月28日、高田駅前では有人店舗とATMがまもなく閉鎖)

<川崎信金>日吉の土曜営業は取り止め、綱島を含め全店で窓口営業も1時間短縮(2018年8月10日、同じ浜銀通り)

【参考リンク】

三菱UFJ銀行日吉駅前支店の案内(2020年2月3日から元住吉支店と統合)

三菱UFJ銀行ATMコーナー日吉駅西の案内(日吉駅前支店の隣接地)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧