アピタ内にキッズ向け新施設、「くまのがっこう」と初コラボで絵本の世界

横浜日吉新聞

法人サポーター会員による提供記事です】アピタテラス内に絵本の世界の中で遊べる新施設がオープンしました。

綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン)内アピタテラス横浜綱島(綱島東4)に、オープン時から運営されてきた「あそびパークPLUS(プラス)」に変わり、先週(2019年)9月14日にオープンしたのは、シリーズ累計発行部数222万部をこえるという人気絵本「くまのがっこう」(絵:あだちなみ、文:あいはらひろゆき、株式会社キャラ研=東京都渋谷区)とのコラボ施設「くまのがっこうあそびひろば」

アピタテラス横浜綱島2階に9月14日にオープンした「くまのがっこうあそびひろば」。オープン日とその翌日(9月15日)には、主人公ジャッキーが来訪した

アピタテラス横浜綱島2階に9月14日にオープンした「くまのがっこうあそびひろば」。オープン日とその翌日(9月15日)には、主人公ジャッキーが来訪した

あたかも、“絵本の世界に入りこんだよう”」と、同施設を運営する株式会社バンダイナムコアミューズメント(東京都港区・社長:萩原仁社長)が表するように、絵本に登場するいたずら好きで元気な女のこ・ジャッキーたち12匹のくまのこのイラストがちりばめられた空間は、“絵本の世界観”をそのまま生かしたことが大きな特徴となっています。

「まるで13匹目のくまのこになったかのような体験をしてもらえたら」と熱く語るのは、同施設のプロデュースを担当した、バンダイナムコアミューズメント社の森嶋伸幸さん

ジャッキーたち12匹のくまのこが織り成す絵本の世界の中で遊べる。ライブラリーには、オリジナルシリーズ全15冊を数える絵本「くまのがっこう」シリーズも

ジャッキーたち12匹のくまのこが織り成す絵本の世界の中で遊べる。ライブラリーには、オリジナルシリーズ全15冊を数える絵本「くまのがっこう」シリーズも

大きな「くまのおみみ」を模した入り口の先には、くまのこたちが通う「がっこう」と同じ入口が。

その中には、「くまのがっこう」オリジナルシリーズの絵本全15冊を集めたくまのこライブラリーや、ごっこあそびが楽しめるおままごとのコーナーを設置。

アクティブに体を動かしたい子どもたちも楽しめる立体遊具・くまのこアスレチックの奥には、迷路のイラストといった絵本に登場するシーンなど、「ここは“小さなテーマパーク”。子どもたちが想像力を膨らませて遊べる楽しい演出を随所にちりばめました」と、森嶋さんは、これまで同社で数々の遊戯施設を企画プロデュースしてきた経験を活かし、“家族の思い出になるようなあそび場に”との想いを込めて企画を練ってきたと説明します。

隣接テナント「くまざわ書店」でも、絵本の世界観に共鳴。タイアップ企画やイベントを行うなど、「くまのがっこうあそびひろば」のオープンを歓迎している

隣接テナント「くまざわ書店」でも、絵本の世界観に共鳴。タイアップ企画やイベントを行うなど、「くまのがっこうあそびひろば」のオープンを歓迎している

隣接する「くまざわ書店」アピタテラス横浜綱島店(株式会社くまざわ書店、東京都八王子市・熊沢真社長)でも、同施設のオープンを受け、「くまのがっこう」絵本購入者を対象としたオリジナルシールのプレゼントをおこなっています。

また、同施設利用の際に、同書店での絵本購入時のレシートを持っていくと、期間限定でマスコット付き鉛筆をプレゼント(先着順、2019年10月31日まで・なくなり次第終了)するといったタイアップキャンペーンを実施しています。

同書店で毎月第3日曜日の午後に行われている「読み聞かせ」イベントでも「くまのがっこう」を採用したとのことで、「絵本の人気シリーズにまつわる施設なので、大変嬉しく思っています。これからも関連したイベントを実施し、一緒に(新しい施設を)盛り上げていきたい」と、同書店の岡島美和子店長も、同施設とのコラボレーションを積極的に行っていきたいとの想いを語ります。

親と子の会話を楽しみ、13匹目のくまのこになったかのような世界観を楽しんでもらいたいと森嶋さん

親と子の会話を楽しみ、13匹目のくまのこになったかのような世界観を楽しんでもらいたいと森嶋さん

プロデュースを担当した森嶋さんは、「この施設では、“対話”がキーワード。子どもたちと、スタッフと、“絵本”の中のくまのこたちがこの場所で出会い、一つひとつのストーリーを見立てた会話を楽しんでもらえたら。特に保護者の皆さんには、“見立て遊び”の夢、その面白さやワクワク感を、一緒にお子さまと体験し、絵本の世界をより楽しんでもらえたら」と、より多くの同施設への来場、そして“家に帰っても”絵本の世界を楽しめる世界観を共有することでの“遊びの空間シェア”を呼び掛けています。

くまのこアスレチックやくるりん、ぴょんぴょん、木登り、砂場など、体を動かし遊べる仕掛けも

くまのこアスレチックやくるりん、ぴょんぴょん、木登り、砂場など、体を動かし遊べる仕掛けも

なお、同施設の営業時間は9時から19時 (最終受付18時30分)、入場料は入場後30分間は大人・子ども(小学生まで)ともに648円(税込、10月1日以降は660円)。以降10分毎に、子ども162円(同165円)、大人の延長料金は不要。

子ども1620円(同1650円)、大人 648円(同660円)で平日は終日、土日祝(および年末年始など店舗で定める特定期間)は2時間利用可能なパック料金も設定されているとのことです。

【関連記事】

本の楽しさ・魅力を伝えたい、アピタ内書店が取り組む3つのチャレンジ(2019年8月22日)※アピタテラス専門店会・テナント紹介(最新記事)

<アピタ内>クレープ店に夏の限定メニュー、トッピング楽しむキャンペーンも(2019年7月24日)※アピタテラス専門店会・テナント紹介

<アピタ内>エースコンタクトが1周年、ゆるキャラ練り歩きや初心者向け“開封体験”も(2019年7月2日)※アピタテラス専門店会のテナント・イベント紹介

アピタテラスのナムコ“屋内遊び場”、国内初のバーチャル虫とりコンテンツを導入(2018年3月26日)

【参考リンク】

ショップニュース~「あそびパークPLUS」が「くまのがっこうあそびひろば」にリニューアルしました!(アピタテラス横浜綱島のサイト)

ショップガイド~くまのがっこう あそびひろば アピタテラス横浜綱島店(同)

法人サポーター会員:アピタテラス横浜綱島 専門店会 提供)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧