アフリカの太鼓体験とチョコ試食、8/22(木)に綱島で親子ワークショップ

横浜日吉新聞

今年2月にはパデュ広場でもアフリカの太鼓体験会が行われている

アフリカの太鼓を親子で体験し、チョコレートやココアを試食してみませんか。横浜でのアフリカ開発会議開催を記念し、綱島地区センター(綱島西1)では、今月(2019年)8月22日(木)に西アフリカをテーマとしたワークショップを開きます。

アフリカ開発会議(TICAD)は、8月28日から3日間にわたって市内中心部のみなとみらいで開かれる国際会議。日本政府が主導し、国連などとともに1993年から始め、近年は3年に1回のペースで開かれており、今回が7回目となります。

8月22日(木)に綱島地区センターで開かれるワークショップ「西アフリカの太鼓体験と甘味試食」の案内チラシ(主催者提供)

綱島地区センターのワークショップでは、アフリカ出身者を講師に招き、西アフリカの伝統的な太鼓である「ジャンベ」を体験するとともに、現地の生活や文化を学ぶ内容。食文化として、チョコレートやココアの試食も予定されています。

開催時間は10時から11時30分まで、小学生と保護者10組20人を対象とし、参加費は1組800円。参加申し込みは、同地区センター(045-545-4578)へ。

【関連記事】

日吉本町や高田など全40駅に設置、市営地下鉄が難易度高い「スタンプラリー」(2019年7月22日)

【参考リンク】

8月22日(木)綱島地区センター「西アフリカの太鼓体験と甘味試食」の案内(第7回アフリカ開発会議 横浜開催 2019)

綱島地区センターの案内サイト(イベントの情報は未掲載)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧