日吉6丁目のセイムス隣の駐車場跡地、32戸の「共同住宅」を計画

横浜日吉新聞

日吉6丁目のドラッグセイムス日吉店の隣にある駐車場跡で32戸の共同住宅建設が始まろうとしています。賃貸物件とみられ、来年(2020年)春ごろにも完成する見通しです。

日吉6丁目のドラッグセイムス日吉店の隣にある駐車場跡には「開発事業のお知らせ」と題した看板(標識)が出されている(7月21日撮影)

宮前南バス停に至近の約670平方メートルの敷地では、「開発事業のお知らせ」と題した看板(標識)が出されており、開発事業者はレオパレス21の建築請負事業部長名。地上2階建て(高さ6.2メートル)の32戸共同住宅(延べ面積684平方メートル)を建てる計画としています。

同地はかつて目の前に食品工場が立地していたこともあり、自動車と自転車の駐車場として使われていましたが、近年は使用の形跡が見られませんでした。

【関連記事】

日大グランド近くの日吉6丁目、2つの工場跡に“ミニ戸建て”的な35戸を計画(2017年4月6日)

日吉エリアで最大の売上規模を持つ「トオカツフーズ」、日清製粉が完全子会社化(2019年6月6日、今回の開発地の目の前に本社)

【参考リンク】

レオパレス21による日吉6丁目の駐車場跡32戸共同住宅計画地(グーグルマップ)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧