<レポート>美味しい「だし」はどのように取る?下田ケアプラザで男の料理教室

横浜日吉新聞

調味料は塩のみで格別の「だし」の美味しさを――下田地域ケアプラザ(下田町4)で開催されている料理教室が好評を博し、今年度(2019年度)から連続講座として開講されています。

昨年(2018年)11月に閉館した多世代交流スペース「えんがわの家よってこしもだ」(下田町6)で同10月から開催し好評を博した「男の料理教室(女性も)」を、同館の閉館後も同ケアプラザで開催、男性の地域参加も促す目的から、新たに今年度より同地域ケアプラザとともに主催事業として行うことになったものです。

今回の企画の中心を担う「男の3Gプロジェクト」実行委員会では、「家事も仕事も出来る男になろう」を合言葉に、男性の家事や育児への参加、地域とのつながりの構築、自立などについて、意識改革のみならず、具体的なスキルを学ぶ機会を提供することを目的に、この料理教室を企画。

また、「料理」や「食事」を通じた地域での多世代交流を図ることも意図し、行われることになりました。

「男の3Gプロジェクト」について、同実行委員会代表の黒須悟士(さとし)さんは、「“3G”は、家事・育児・ビジネスに含まれる「じ」の文字から名付けました。男性の家庭参加には、育児、炊事、掃除などで様々なハードルがあります。しかし、それらをクリアすると新しい世界が開けてくることも事実です」と、例え男性が一人きりになってしまっても、生きていくこと、それを楽しむ秘訣(ひけつ)を、この地域社会でこそ身に付けてもらいたいと感じているといいます。

家庭で出来る手軽な料理を題材にし、「季節の野菜を取り入れる」「子ども(孫)に優しい」「健康を考えた料理」について学べる機会として企画された今回の講座。今回は募集定員の15人が日吉や周辺エリアから集まり、「だし」の取り方を“見て”、“食べて”学ぶことができました。

今回の講師も、これまでと同様、日吉在住のシェフ・大村光洋(みつひろ)さんが担当。調理専門学校卒業後、約8年半ほどフランスで料理修業横浜ランドマークタワー(中区)ホテル内ラウンジのオープンにも携わったという経歴の持ち主。

近年はフランス料理のみならず、カフェレストランシェフ、オリエンタルランド(千葉県船橋市)のフードコートのシェフを経験し、和洋中全てのジャンルを網羅。ダイエットフードなどのヘルシー料理にも精通し、現在は病院食をメインに活動しているとのこと。

片付けや道具の手入れ方法なども身に付けられるというこの企画。今回は、今月(2019年)6月9日(日)の午前から午後にかけて行われた、約3時間の講座体験を、写真レポートとしてまとめてみました。

なお、今回以降も「男の料理教室(女性も)」は、同ケアプラザで継続して開催される予定です。

【当日の様子】

下田小学校にも近い「下田地域ケアプラザ」(下田町4)で今回の講座は開催されました

下田小学校にも近い「下田地域ケアプラザ」(下田町4)で今回の講座は開催されました

多世代交流スペース「えんがわの家よってこしもだ」運営者の黒須悟士さんが、「男の3Gプロジェクト」代表として、今回の開講にあたっての想いを披露

多世代交流スペース「えんがわの家よってこしもだ」運営者の黒須悟士さんが、「男の3Gプロジェクト」代表として、今回の開講にあたっての想いを披露

講師はフランス料理にも造詣が深いシェフ・大村光洋(みつひろ)さん。包丁は簡単に包丁が研げる機械(包丁研ぎ器)などを使い、毎回(毎日)の調理前に研いでもらえたらと説明

講師はフランス料理にも造詣が深いシェフ・大村光洋(みつひろ)さん。包丁は簡単に包丁が研げる機械(包丁研ぎ器)などを使い、毎回(毎日)の調理前に研いでもらえたらと説明

皮むき器(ピーラー)で皮むきも楽に行える

皮むき器(ピーラー)で皮むきも楽に行える

今回は、野菜、魚(鯛)、鶏肉を使ってのだしの取り方を指導

今回は、野菜、魚(鯛)、鶏肉を使ってのだしの取り方を指導

包丁はなるべく小さめのもの、また固い野菜(カボチャや大根など)は、電子レンジであたためると調理しやすくなる

包丁はなるべく小さめのもの、また固い野菜(カボチャや大根など)は、電子レンジであたためると調理しやすくなる

魚は、「鮮魚コーナーで、すぐ調理できるよう魚を捌(さば)いてくれるお店があれば、ぜひその店のサービスの活用を」と、自身で必ずしも調理する必要を感じることはないと大村さん。生ゴミを出しやすいタイミングで前日調理しているとのこと

魚は、「鮮魚コーナーで、すぐ調理できるよう魚を捌(さば)いてくれるお店があれば、ぜひその店のサービスの活用を」と、自身で必ずしも調理する必要を感じることはないと大村さん。生ゴミを出しやすいタイミングで前日調理しているとのこと

魚は軽く流し水でさらしたあとに、青ネギやカットしたしょうがを入れた鍋に移し、水を浸してから火にかけます

魚は軽く流し水でさらしたあとに、青ネギやカットしたしょうがを入れた鍋に移し、水を浸してから火にかけます

鶏肉は今回は手羽元を使用。手羽先や鶏ガラでも可。店で購入時のパックなどでたまっているピンクの水は紙で拭き取る。にんにくやしょうがを好みで入れ、水で浸し鍋にかける

鶏肉は今回は手羽元を使用。手羽先や鶏ガラでも可。店で購入時のパックなどでたまっているピンクの水は紙で拭き取る。にんにくやしょうがを好みで入れ、水で浸し鍋にかける

野菜は、煮ていると崩れてくるので、「形を気にせず」とにかく大まかにカット

野菜は、煮ていると崩れてくるので、「形を気にせず」とにかく大まかにカット

野菜、魚、そして鶏肉の鍋がセットされました

野菜、魚、そして鶏肉の鍋がセットされました

灰汁(アク)を取りますが、「とりすぎなくても大丈夫」。だしがしっかりと出るので、味付け(調味料)は塩のみ、またブーケガルニ(香草)などの香りは好みで

灰汁(アク)を取りますが、「とりすぎなくても大丈夫」。だしがしっかりと出るので、味付け(調味料)は塩のみ、またブーケガルニ(香草)などの香りは好みで

今回は大村シェフが捌いた鯛をこんがり焼き上げ、魚の「だし汁」に浸します

今回は大村シェフが捌いた鯛をこんがり焼き上げ、魚の「だし汁」に浸します

鍋などでそのまま食材をペースト状にできる「ハンドブレンダー」を今回は活用。離乳食にも最適とのこと

鍋などでそのまま食材をペースト状にできる「ハンドブレンダー」を今回は活用。離乳食にも最適とのこと

魚のだし汁はアラや骨なども含まれてしまうので、ペーパータオルなどでしっかりと裏ごしする

魚のだし汁はアラや骨なども含まれてしまうので、ペーパータオルなどでしっかりと裏ごしする

「透き通った」優しい味わいのだし汁が出来上がり

「透き通った」優しい味わいのだし汁が出来上がり

人数分の盛り付けも、手際鮮やか、まさにプロフェッショナル

人数分の盛り付けも、手際鮮やか、まさにプロフェッショナル

今回は、だしに使用した手羽元も立派なおかずに。焼いた鯛に魚の「だし汁」を注いだものも

今回は、だしに使用した手羽元も立派なおかずに。焼いた鯛に魚の「だし汁」を注いだものも

最後は試食会を兼ねた食事会。シェフも交え、自己紹介もしながら全員でいただきました

最後は試食会を兼ねた食事会。シェフも交え、自己紹介もしながら全員でいただきました

お皿洗いなど片付けの時間も共有。毎日の食材探し、料理や一つひとつの家事も、少し見方を変えるだけでとても楽しいものになりそうです

お皿洗いなど片付けの時間も共有。毎日の食材探し、料理や一つひとつの家事も、少し見方を変えるだけでとても楽しいものになりそうです

【関連記事】

<2019年4月号>地域ケアプラザ最新情報~子育てフリースペース「はぐピョン」、男の料理教室他(2019年4月2日)※今回の「男の料理教室」の開催告知

下田町「よってこ」で人気だった“男の料理教室”、11/25(日)にケアプラザで続編(2018年11月21日)

<下田町通信>エッセイ初掲載・黒須さんが考える「新価値観」を京都・関西から日吉へ(2018年4月6日)※黒須悟士さんによる執筆記事

下田町の黒須さんが産む「新たな価値」、農業体験や子どもたちの居場所づくりも(2018年2月21日)※「えんがわの家よってこしもだ」についてなど

【参考リンク】

男の3Gプロジェクト~家事も育児も仕事もできる男になる!(女性も大歓迎)(同プロジェクト実行委員会)

下田地域ケアプラザ公式サイト

株式会社クロス・ディメンション~Cross Dimension(黒須悟士さんが経営)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧