夏を彩る「南日吉」夜店は2019年も開催、6・7・9・10月の第一土曜日に

横浜日吉新聞

令和時代も南日吉が夜店で賑わいます。毎年恒例となっている、市営地下鉄グリーンライン・日吉本町駅周辺の南日吉商店街(日吉本町2~4丁目の一帯)での「夜店」が、今週末(2019年)6月1日(土)の開催を皮切りに、7月6日(土)9月7日(土)10月5日(土)のいずれも“第一土曜日”に開催されることになりました。

南日吉商店街「夜店」の仕掛け人・小嶋純一さん。「令和になってから、スマホでLINEをはじめたんですよ。インターネットを通じたイベントPRにも力を入れていけたら」と、商店街の盛り上げに賭ける想いを熱く語る

南日吉商店街「夜店」の仕掛け人・小嶋純一さん。「令和になってから、スマホでLINEをはじめたんですよ。インターネットを通じたイベントPRにも力を入れていけたら」と、商店街の盛り上げに賭ける想いを熱く語る

このイベントの仕掛人は、南日吉商店会会長の小嶋純一さん。「例年と特段変わることがあるわけではないですが、いつも通り行う予定です」と、初夏から秋口にかけて街を彩る恒例イベントの開催に向け、より一層の地域からの期待感を感じているようにもその姿は映ります。

車両通行止めとした同商店街中心部にある各加盟店の店頭で、夕方17時から20時まで、それぞれの店や会社のスタイルでの販売や催しを楽しめるのも注目のポイント。

わた菓子やかき氷、たこ焼き、ゲーム、焼き鳥、生ビールなど、各店による飲食などの販売のほか、鯛ヶ崎公園プレイパーク(日吉本町5)や、親と子のつどいの広場 こんぺいとう(日吉本町4)といった、近隣の子育てボランティアも多く参加しての、子どもたちを対象としたゲームなどの企画が行われるのも特徴となっています。

南日吉商店街の加盟店舗や企業に変化も。どんな「夜店」の風景がそれぞれ彩られるのかに注目が集まりそう

南日吉商店街の加盟店舗や企業に変化も。どんな「夜店」の風景がそれぞれ彩られるのかに注目が集まりそう

大学院の研究者が、最近、この街やこの商店街を知りたいと来訪してくれたんです。“夜店を見に来てください”と伝えたんですよ」と語る小嶋さん。

このイベントを通じ、南日吉や日吉本町、日吉全体をも“より元気にしたい”という想いを抱いての、令和最初の開催日を迎えることになりそうです。

なお今年も例年通り、金蔵寺(こんぞうじ、日吉本町2)の桜大門に駐輪場を設置。

雨天の場合も、雨に濡れにくい店頭エリアや、各店内でのサービス販売などを実施する予定とのことです。

【関連記事】

南日吉の夜店は6/2(土)から、仕掛け人の小嶋さんが抱く街づくりへの想い(2018年5月31日)*昨年(2018年)の開催前、小嶋純一会長へのインタビュー記事

雨にも負けず7/1(土)も盛り上がる、南日吉「夜店」は飲食店参加も人気(2017年7月1日)*雨天時の開催の様子

【参考リンク】

令和 最初の夜店です。(南日吉商店会公式ブログ)

駐輪場が設けられる金蔵寺の桜大門の場所(グーグルマップ)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧