綱島に3/17(日)チンドン屋現る、大手新聞がSNS投稿でオンライン版アピール

横浜日吉新聞

法人サポーター会員による提供記事です】綱島の商店街にチンドン屋がやってきます。大手全国紙の読売新聞が先月(2019年)2月から新サービスとして読売新聞オンラインのサービスを開始したことに伴い、読売新聞販売店による「読売ちんどん大懸賞in神奈川」企画が、3月中の土曜・日曜日に県内各地で行われています。

「読売新聞オンライン」のスタートを記念し行われる「読売ちんどん大懸賞」が、3月17日(日)11時に綱島商店街にやってくる(厚木市で開催時の様子、主催者提供)

「読売新聞オンライン」のスタートを記念し行われる「読売ちんどん大懸賞」が、3月17日(日)11時に綱島商店街にやってくる(厚木市で開催時の様子、主催者提供)

神奈川県内の各商店街で見かけたチンドン屋をスマートフォン(スマホ)などで写真撮影し、応募期間中に撮影者自身のSNS(ツイッター)のアカウントでハッシュタグ(#読売ちんどん)をつけて投稿した人、または「読売ちんどん大懸賞」ツイッター(読売ちんどん懸賞運営事務局)の記事をリツイートするなどした場合に、懸賞商品としてクオ(QUO)カード1万円分を100名にプレゼントするというものです。

横浜市内の同販売店からなる神奈川県連合読売会(原俊介会長)も企画に参加、同会所属の日吉・綱島・高田エリアの新聞販売店・読売センター高田NT(高田西4)と、読売センター新綱島(綱島西2)による地域イベントとして、今月(2019年3月)17日(日)11時から約1時間にわたり、この「読売ちんどん」が行われることになりました。

チンドン屋が読売新聞オンラインサービスのチラシ配布しながら綱島商店街を練り歩く予定(主催者提供)

チンドン屋が読売新聞オンラインサービスのチラシ配布しながら綱島商店街を練り歩く予定(主催者提供)

スタート地点は「読売センター新綱島」の店頭を予定。同イベントの仕掛け人・読売センター高田NTを運営するウイングレット株式会社(高田町)代表取締役の乙幡幸雄さんは、「チンドン屋が読売新聞オンラインサービスのチラシ配布しながら綱島商店街を練り歩きます。ぜひ音を頼りにちんどん屋を探してみてください」と、多くの来場、そしてツイッターでの投稿を呼び掛けます。

ちんどん屋のメンバーが所属するチンドン芸能社(東京都台東区)は、富山市や同商工会などが主催し開催されている「全日本チンドンコンクール」で3連覇(2015~2017年)を達成した“実力派”ということもあり、当日の盛り上がりも期待できそうです。

【関連記事】

<高田の新聞販売店>ツイッターで「読者つなぐ」情報発信、全国的な反響も(2018年9月11日)

高田の新聞販売店がSNSに挑戦、地域に届けたいニュースや話題を発信(2018年6月12日)

【参考リンク】

読売ちんどん大懸賞ツイッター

読売センター新綱島公式サイト ※スタート地点・アクセスはこちら

読売センター高田NTツイッター

読売新聞オンラインとは(読売新聞社)

法人サポーター会員:読売センター高田NT提供)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧