<2019年球春>2/27(水)から慶應野球部が下田町のグラウンドでオープン戦17試合

横浜日吉新聞

1年時から正捕手としてチームを牽引してきた大黒柱の郡司裕也捕手(環境情報学部、仙台育英高出身)は今季、主将に就任した(写真提供:慶應スポーツ新聞会

日吉の球春が始まります。昨年(2018年)春に2連覇を達成後、惜しくも3連覇を逃した慶應義塾大学野球部が来週(2019年2月)27日(水)から日吉グラウンド(下田町1=下田仲町バス停前)で、今年もオープン戦が組まれています。

今年は4月7日(日)まで、日吉グラウンドでは昨年より2試合多い17試合を実施。HondaやTDK、三菱日立パワーシステムズ、JX-ENEOSと社会人戦も4試合が予定されています。

昨秋はエースとして6勝を挙げ、ベストナインと共にリーグ全体の「ファンが選ぶMVP」にも輝いた髙橋佑樹投手(環境情報学部、川越東高出身)(写真提供:慶應スポーツ新聞会)

一昨年(2017年)の秋季と昨年春季に連覇を果たし、あと一歩というところで三連覇を阻まれた2018年秋季。その雪辱を果たすべく、2019年の春季リーグに向けて熱い戦いが見られそうです。

日吉グラウンドのオープン戦は入場無料。日吉駅方面からバスでアクセスする場合は、東急バスの日吉駅西口(南側)のバスロータリーから「日22系統(サンヴァリエ日吉行)」または「日21系統(高田町行)」に乗り、「下田仲町」下車すぐ。バックネット裏にベンチが設置されています。駐車場はありません。

慶應野球部の日吉グラウンドは下田仲町(写真左)の目の前に広がっている(写真右側)

▼ 「日吉グラウンド」のオープン戦日程

  • 2月27日(水):横浜商科大(A)13:00
  • 3月3日(日):城西大(B)12:00
  • 3月6日(水):帝京平成大(B)13:00
  • 3月8日(金):順天堂大(B)13:00
  • 3月10日(日):淑徳大(B)13:00
  • 3月16日(土):専修大(A)12:30
  • 3月17日(日):日本大(A)12:00
  • 3月21日(木):★Honda(A)10:00
  • 3月23日(土):日本体育大(A)12:30
  • 3月24日(日):★TDK(A)13:00
  • 3月25日(月):東洋大(A)12:30
  • 3月28日(木):國學院大(A)12:30
  • 3月29日(金):桐蔭横浜大(A)12:30
  • 3月31日(日):岐阜経済大(B)12:00
  • 4月1日(月):筑波大(A)12:30
  • 4月6日(土):★三菱日立パワーシステムズ(A)13:00
  • 4月7日(日):★JX-ENEOS(A)10:30

※(A)は「A軍」12試合、(B)は「B軍」5試合、★印は社会人チーム戦
(試合日程は中止・変更となる場合があります。最新の情報は同野球部のホームページをご参照ください)

【参考リンク】

慶應義塾体育会野球部の公式ホームページ

2019(平成31)年のオープン戦日程(慶應義塾体育会野球部)

日吉グラウンド(下田グラウンド)の案内(慶應義塾体育会野球部)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧