東京メトロ「南北線」のダイヤ改正は3/16(土)、東急目黒線の直通を2本増発

横浜日吉新聞

東京メトロは、2019年の南北線などのダイヤ改正を3月16日(土)に行うことを発表し、東急目黒線への直通列車を朝と夕方に2本増やすといいます。

南北線の電車(日吉駅近く)

都心方面では、朝6時台に「回送列車」として運転していた東急目黒線内から白金高輪駅までの区間を営業列車として新たに運転するほか、18時台の埼玉高速鉄道線の浦和美園駅から白金高輪駅行の列車1本を目黒線への直通列車とする予定です。

このほか、埼玉高速鉄道線への乗り入れていた平日日中の15本と、土曜日と休日の28本を南北線の赤羽岩淵行に変更し、直通列車を削減します。

副都心線でも改正、東横から東武・小川町まで乗り入れも

元町・中華街から東武東上線の小川町(埼玉県)まで約100キロを走る列車も新たに設定される(日吉駅で東武東上線の電車)

また、東横線と直通運転している副都心線と東武東上線でも同日にダイヤ改正が実施され、平日の一部列車で行先や運転時刻が変更されます。

土休日の朝、東横線菊名駅などから副都心線を経由して東武東上線森林公園駅まで乗り入れていた列車3本(菊名5時49分発急行/菊名6時43分発急行/元町・中華街発7時34分発特急)については、さらに3駅先の小川町(埼玉県比企郡小川町)まで延長して運転を始めるとのことです。

【関連記事】

埼玉から日吉駅まで稀に来る「キャプテン翼」の装飾電車はかなり貴重(2019年1月4日、埼玉高速鉄道の電車)

“日吉沿線”で一番遠い「森林公園」へ、1日4本だけの超レア列車を乗り通してみた(2016年2月21日、3月以降の土休日は東武東上線・森林公園のさらに先まで乗り入れも)

【参考リンク】

2019年3月16日(土)日比谷線、半蔵門線、有楽町線・副都心線、南北線のダイヤを改正します(2019年1月29日、東京メトロ)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧