<日吉本町駅>混雑する「自転車駐輪場」を刷新へ、新たな精算システムなど導入

横浜日吉新聞

日吉本町駅舎の目の前に「第一駐輪場」が設けられており、3月21日以降は一時利用者専用となる

日吉本町駅前にある2つの自転車駐輪場で来月(2019年2月)から順次リニューアル工事が行われます。同駅周辺は駐輪需要が多く、2つの駐輪場があふれるような状態となっているため、ロック式自転車駐輪システムの導入や、一時利用と定期利用者との場所分けなどを行う予定です。

同駅には、正面入口に隣接する「第1駐輪場」と高田駅寄りにある「第2駐輪場」の2カ所が設けられているものの「需要が高くあふれている状態」(駐輪場運営者の横浜交通開発株式会社)だといいます。

高田寄りにある「第2駐輪場」は定期利用者専用となる

そのため、今回のリニューアルではロック式の駐輪システムを導入して駐輪場内の整理を行うほか、現在は一部時間帯にしか係員を配置できていないため、自動精算機や出入庫時のゲートシステムも導入する計画です。

リニューアル工事は、2月15日(金)2月28日(木)までの約2週間にわたって第2駐輪場で行った後、3月1日(金)から3月20日(水)までの20日間は第1駐輪場で実施。工事完了後は、駅前の第1駐輪場を自転車284台収容の一時利用者用とし、第2駐輪場は定期利用者専用として分けられます。

リニューアル工事期間中の2月15日(金)から年3月20日(水)までは、駅周辺に仮設の無料駐輪場が2カ所設けられる(横浜交通開発の案内ページより)

新たに駐輪システムを導入することから、横浜交通開発では管理と運営業務を横浜サイカパーキング株式会社(中区尾上町)に委託するとのこと。同社は現在、3月1日からの第2駐輪場の定期利用者(自転車133台/白ナンバーの原付バイク17台)の募集を1月25日(金)必着で行っており、現地で専用の応募はがきを配布しています。

なお、リニューアル工事期間中の2月15日(金)から年3月20日(水)までは、いずれかの駐輪場が閉鎖となることから、セブンイレブン横浜日吉本町駅前店の裏手などに仮設の無料駐輪場が2カ所設けられる予定です。

【関連記事】

日吉本町駅前にある2つの駐輪場、満車で新規契約の「定期利用」は中止に(2017年8月1日)

【参考リンク】

日吉本町駅駐輪場 改修工事のお知らせ(2019年2月15日~3月20日、横浜交通開発株式会社)

日吉本町駅第1・第2駐輪場の案内(横浜交通開発株式会社)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧