独自模型も製作し「住民目線で再開発を考える集会」、1/19(土)に日吉駅近くで

横浜日吉新聞

1月19日(土)10時から日吉本町東町会会館(中央通り)で開く住民集会のチラシ(主催者提供)

再開発を住民目線で実感したい――。箕輪町2丁目のアピタ日吉店など一連の跡地再開発について、同町内と周辺の住民らで議論してきた「住みよい綱島・箕輪・日吉のまちを考える会」(木間誠司代表)は、今週(2019年1月)19日(土)の10時からまちづくり情報を共有する「住民会議」を日吉駅前中央通りの日吉本町東町会会館(日吉本町1)で開きます。

箕輪町2丁目では、すでに野村不動産が最大20階建てとなるマンション「プラウドシティ日吉」(1320戸)の一部棟で建設を行っているほか、日大高校寄りの敷地では2020年4月の開校に向けて横浜市が市立「箕輪小学校」の着工も予定しています。

「住みよい綱島・箕輪・日吉のまちを考える会」などが独自に製作した1500分の1の模型(チラシより)

一方で、今回の再開発は約5万6000平方メートル東京ドーム(4万6755平方メートル)を1つを建てても余るほどの規模となることもあり、「計画の全体像が、結局あいまいのままに来ている」(同会)との問題意識を持っているといいます。

今回の会議では、同会が1500分の1の模型を自主製作し、周辺との関係やスケール感を目で確認できるようにして、まちづくりの全体像を探るとともに、解決されていない課題を明らかにしていく予定とのことです。

会議へは誰でも参加が可能です。

【関連記事】

武蔵小杉の“タワマン林立”を事例に、9/16(日)に箕輪町の再開発を考える集会(2018年9月11日)

箕輪町を中心に日吉~綱島を巻き込む「エリアマネジメント」計画を公表(2019年1月9日、横浜市と野村不動産が箕輪町の再開発地で計画)

【参考リンク】

日吉本町東町会会館の場所(日吉中央通り、グーグルマップ)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧