<週間ランキング>綱島の「散歩番組」登場や危険なバス停調査の記事などが読まれる

横浜日吉新聞
ランキング

ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2018年11月)30日(金)から今月(12月)6日(木)までの7日間に計15万1,495ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、3日(月)に公開した「テレビ東京が朝の『散歩番組』で綱島西口を取材、12/5(水)7時35分から放送」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. テレビ東京が朝の「散歩番組」で綱島西口を取材、12/5(水)7時35分から放送(12月3日、6,082)
    → 平日朝に放送中の「朝の!さんぽ道」で中山エミリさんが「平成で話題になった街」というテーマを掲げ、「多摩川に突然現れた、あの動物によって賑わった街」として、2002(平成14)年の夏に大綱橋付近の鶴見川に出現したアゴヒゲアザラシの「タマちゃん」で大きな話題になった綱島を取り上げました。当日は「ツナシマパン」や「花孝 綱島店」、甘味「風月堂」、八百屋「八百倉商店」、「オムライスのひまわり」、喫茶店「アデリータ」などが登場していました。記事内に番組の内容を追記しています
  2. <綱島西で派手にPR中>24時間ジムと女性用ホットヨガが来年早々に相次ぎ開店(11月30日、4,280)
    → 新横浜など首都圏を中心にスポーツクラブやホットヨガスタジオなどを展開するインスパが綱島西のパデュ広場周辺に来年1~2月に2店を出店することにともない、周辺では派手なPRが行われています
  3. 横断歩道近接のバス停、日吉方面行の「綱島変電所」など区内3停留所は”危険度C”(12月4日、4,280)
    → 西区で小学5年生の女子児童が市バスの下車後に事故で亡くなるという悲劇があり、神奈川県警が横断歩道と近接している県内のバス停84カ所を調査しました。綱島東5丁目の「綱島変電所」など港北区内の3カ所はいずれも危険度がもっとも低い「C」でしたが、バス下車後の横断歩道を渡る際は十分に注意したいところです
  4. 35年来の悲願「綱島東口」再開発へ期待、新綱島の高層ビル建設で組合が発足(11月27日、2,624)
    → 2週連続でランキング登場となりました
  5. <東横線と近接>激変する「横浜駅西口」、26階建ての駅ビルや超高層タワーも誕生へ(11月29日、2,090)
    → 東横線・みなとみらい線の横浜駅から近い横浜駅西口のJR駅ビル建設や44階建ての「超高層タワーマンション」の建設計画などの動きをまとめました。特に「きた西口」の付近が大きく変わります
  6. 食パン・野菜即売や飲食・体験コーナーも、綱島街道沿いの公益社が12/16(日)に感謝祭(12月4日、2,014)
    → 箕輪町2丁目の「公益社日吉会館」で1年に1回行われている地域イベントは今回で4回目となりました。普段は入る機会が少ない同会館内のセレモニー会場などの各施設も公開されます
  7. <日吉5丁目に新設>「宮前交番」の着工が延期に、県の入札が2回連続で不調(12月5日、1,892)
    → 建設業界での人出不足が国内で相次いだ災害で拍車がかかっており、県の工事にも影響を及ぼした形です。新交番は来年以降となりそうです
  8. <相鉄・東急直通の鉄道新線>日吉・綱島住民なら知っておきたい3つの焦点と展望(2016年5月15日、1,717)
    → 2週連続でランキング登場です
  9. 冬の綱島街道を”優しく”照らす、アピタテラスが来年2月まで初ライトアップ(12月3日、1,716)
    → 今年3月にオープンしたアピタテラス横浜綱島が冬のライトアップを始め、夜の北綱島交差点付近が華やかになっています
  10. 日吉東急に登場、今週末12/1(土)・2(日)は愛媛のゆるキャラ「みきゃん」(11月30日、1,643)
    → 恒例となっている愛媛フェアで、今回も「みきゃん」が登場し、当日は仲間の「ダークみきゃん」も来ていました。みきゃんは日吉でもっともおなじみの「ゆるキャラ」かもしれません

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧