日吉駅前やアピタテラスの「スタバ」も参加、12/11(火)夜に“ライト消灯イベント”

横浜日吉新聞

来月(2018年12月)11日(火)の夜、日吉駅前やアピタテラス横浜綱島などの「スターバックスコーヒー」1時間だけの“ライトダウンイベント”が企画されています。

12月11日(火)19時からスターバックスコーヒーで行われる「ライトダウンイベント“Nothing”is“Charming”」の特設ページ

昨年に続き企画された「“Nothing”is“Charming”(ナッシング・イズ・チャーミング)」は、“明かりが「ない」ことを楽しむライトダウンイベント”で、省エネや地球温暖化対策を考えるきっかけとしてもらいたいと横浜市温暖化対策統括本部とスターバックスコーヒージャパン株式会社(東京都品川区)が連携して開催。横浜市内にある36の施設と市内のスターバックス48店舗が共同で“ライトダウン”を行う内容としています。

当日のスターバックス店舗では、ロウソク型LEDライトにかぶせる折り紙ランタン制作のワークショップが行われるほか、店内は「スマートフォン、PCなどの電子機器の使用をご遠慮いただき、『ない』ことを楽しむ、非日常的な空間に変わります」(スターバックスコーヒージャパン)とのこと。

港北区内では、昨年に続きスターバックス日吉店(日吉2、浜銀通り)が参加するほか、アピタテラス横浜綱島店(綱島東4、アピタテラス2階)も初参加。大倉山駅前店やトレッサ横浜店などでも行われます。当日は19時から1時間にわたって開催予定となっています。

【参考リンク】

12月11日(火)「ライトダウンイベント“Nothing”is“Charming”」の特設ページ(スターバックスコーヒージャパン)

スターバックスコーヒー日吉店

スターバックスコーヒーアピタテラス横浜綱島店


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧