<週間ランキング>相鉄直通線のトンネル、日吉の学習塾塾長による提言記事などが注目

横浜日吉新聞
ランキング

ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2018年9月)21日(金)から27日(木)までの7日間で計13万9908ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、25日(火)に公開した「綱島の地下深くで組み立て中の『シールドマシン』、鉄道・運輸機構が写真で紹介」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 綱島の地下深くで組み立て中の「シールドマシン」、鉄道・運輸機構が写真で紹介(9月25日、3,854)
    → 12月から始まる大倉山方面への掘進に向け、新綱島駅の地下では着々と「シールドマシン(掘削機)」の組み立てが進んでいるようです。まずは鶴見川の地下を無事に越えてくれるのを願うばかりです
  2. <日吉の塾長が考える>中学校・塾選びでの「長期的な視野」とリアルな相性(9月24日、3,177)
    → 日吉中央通りにある「ひよし塾」塾長の玉田久文さんによる中学受験におけるアドバイスは、過度なブランド志向を持たず「進学後に活躍できるか」を見極めることが大切だといいます。記事では私学受験のメリットも説いています
  3. <アピタテラス>9/22(土)・23(日)子ども向け企画、24(祝)ガラポン抽選会(9月21日、3,004)
    → 3連休のイベント開催に続き、今週末29日(土)・30日(日)は日吉・綱島エリアでは久しぶりとなる「駅弁大会」がアピタテラスで開かれます。台風接近で天気が悪くなりそうなので、家で旅気分もいいかもしれません
  4. <日吉東急>”鳩サブレー”の鎌倉豊島屋が10/4(木)出店、1階の出入口近くに(9月25日、2,897)
    → 7月に閉店したフラワーショップ「成田花園」の跡には、鳩サブレーの「豊島屋」が10月4日(木)にオープンすることが決まりました
  5. 箕輪町の再開発地「交流スペース」で”お月見”や星空観察、自然体験などを企画(9月21日、2,410)
    → 7月にオープンした野村不動産による地域交流スペース「吉日楽校(きちじつがっこう)」で、体験型イベントが続々と開かれています
  6. <2018年7月の基準地価>日吉本町1、綱島西6、日吉本町2の住宅地で高い上昇率(9月20日、1,938)
    → 日吉本町1丁目は県内2位の地価と前回調査同様の上昇率を維持したほか、綱島西6丁目の上昇が目立ちました
  7. <相鉄・東急直通の鉄道新線>日吉・綱島住民なら知っておきたい3つの焦点と展望(2016年5月15日、1,938)
    → 2週連続でランキング登場となりました。なお、このほど配布した「紙版」にて鉄道開通によるメリットに触れています
  8. <週間ランキング>日吉・綱島ゆかりのラーメン店上場、地価上昇の記事が読まれる(9月22日、1,727)
    → 綱島駅前の「綱島商店」と日吉の「がっとん」という人気両ラーメン店に関する記事に触れた先週のランキングが読まれました
  9. 日吉駅前で「第九」歌える新講座、人気講師・藤沢さんが多彩な指導(9月26日、1,530)
    → 浜銀通りと中央通りの間にある「カルチャー日吉」で最多の講座数を持つ声楽家・藤沢たまきさんの話題です
  10. 6月に上場した日吉7丁目の医薬品事業者「コーア商事HD」、傘下4社で社長交代(9月26日、1,459)
    → 日吉から久しぶりに誕生した新規上場企業は、ジェネリック医薬品分野で業績を伸ばしています。今回の新体制でさらなる飛躍を狙います

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「新横浜エリア」(区内南部)の週間ランキングはこちら


カテゴリ別記事一覧