<日吉・綱島・高田>お盆期間の留守中「空き巣」に注意、5件でガラスを割られ侵入

横浜日吉新聞

先月(2018年7月)19日までの1カ月間に日吉・綱島・高田で計5件の空き巣被害が発生しています。いずれも窓ガラスを割られて侵入されたといい、これからお盆期間中は留守にするケースも多くなるだけに注意が必要です。

防犯情報港北警察署の発表などによると、6月20日から7月19日までの間に、

  • 日吉2丁目のアパート
  • 日吉本町2丁目のアパート
  • 下田町3丁目の一軒家
  • 綱島西6丁目の一軒家
  • 高田西3丁目の一軒家

の各町でそれぞれ空き巣被害が発生していたとのことです。

今回発生の5件はいずれも窓ガラスが割られて侵入されていたという(写真はイメージ)

港北警察署管内の6月末までの統計では、昨年の同時期と比べて空き巣被害の件数自体は減っているものの、下田町では発生数が増えており、綱島東や日吉本町でも昨年より増加。高田東は昨年に迫る数値です。

この先、帰省や行楽などで自宅を留守にする機会も増えてくるだけに、窓に補助錠やセンサーライトの設置などの対策が必要です。

また、日吉町と綱島東では「車上狙い」が多発しており、港北区内では2町で1位と2位を占める発生数。留守中は、車についても注意を払う必要がありそうです。

【関連記事】

日吉・綱島での被害多発が要因に、区内の2017年「空き巣」件数は3桁に迫る(2018年1月15日、昨年は多発していた)

【参考リンク】

港北区の犯罪発生状況(港北警察署)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧