“カニつり”や“めだかすくい”も、鶴見川流域センターが7/16(祝)に「夏まつり」

横浜日吉新聞

この夏、親子で鶴見川の楽しさを体感してみませんか。JR横浜線・小机駅近くにある「鶴見川流域センター」(入館無料)では、恒例の「センターこども夏まつり」が3連休中の今月(2018年7月)16日(月・祝)に行われます。

3連休の最終日、7月16日(月・祝)に行われる「センターこども夏まつり」の詳細(鶴見川流域センターの公式ページより)

普段はなかなか気づかない鶴見川の魅力を、魚やカニなどの生きものを通じて見たり、体験したりできる企画で、当日は10時から16時までさまざまなプログラムが用意されています。

生きものさがしのスタイルで行われるクイズ「鶴見川の水辺で楽しく遊ぼう!」や的当てゲーム「バクちゃんの水辺的当てチャレンジ」、「おさかなバッジを作ろう」といった常時開催企画をはじめ、ライフジャケットの着用の必要性と助けるためにスローロープ投げを学べる「おぼれちゃだめよ!」(10時30分~12時、14時~15時30分)などを開催。

ミュージシャンの白井貴子さんが鶴見川流域の子どもたちにつくった「マッカチカニカニ音頭」に合わせて踊りながら、時々抽選会が行われるというユニーク企画「マッカチカニカニ音頭で水マスゲット!」(14時~14時30分)も見逃せません。

また、毎年人気の「カニつり」(10時~11時30分)や「めだかすくい」(13時30分~15時、※10時から整理券を配布)も予定されています。

3連休と夏休み中は3日間の休館日を除き、連日何らかのイベントが企画されている(鶴見川流域センターの公式ページより)※クリックで拡大

なお、鶴見川流域センターでは、7月14日(土)からの3連休中と、7月21日(土)から8月26日(日)までの夏休み中は、休館日の7月24日(火)と31日(火)、8月21日(火)の3日間を除き開館日は何らかのイベントを連日実施。夏休みの自由研究や学習、行楽などにも活用できそうです。

(※)見出し左の画像は「センターこども夏まつり」の様子(同館提供)

【参考リンク】

7月16日(月・祝)「鶴見川流域センターこども夏まつり」開催(鶴見川流域ネットワーキング)

2018「夏休みイベントカレンダー」PDF、7月14日~8月26日、鶴見川流域センター)

鶴見川流域センターの公式案内ページ(国土交通省京浜河川事務所)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧