<箕輪町計画>完成後のコミュニティづくり構想も公開、7/7(土)に「オープンハウス」

横浜日吉新聞

箕輪町2丁目の旧アピタ日吉店など一連の跡地に1320戸のマンションなどを整備する構想の「箕輪町計画」(日吉大規模複合開発プロジェクト)について、野村不動産は、まちづくりの計画内容などを説明する「オープンハウス」をあす(2018年7月)7日(土)に同町内の「野村不動産マンションギャラリー」駐車場で開きます。

7月7日(土)に9時30分から16時まで野村不動産が箕輪町2丁目で開く「オープンハウス」のチラシ

今回開くオープンハウスでは、同開発エリア計画の内容紹介に加え、完成後のまちづくりやコミュニティづくりを主導する「エリアマネジメント」のあり方や運営体制をテーマとしているのが特徴です。

現段階では、野村不動産が同地の居住者を中心とした「エリアマネジメント運営組織」を立ち上げるほか、箕輪町の町内会や綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン)、周辺の教育機関やNPOなどに連携を呼びかけ「エリアマネジメント連携ネットワーク」を設置。2つの組織を連携させることで、地域のコミュニティづくりを行っていきたい考えです。

こうしたエリアマネジメント活動の拠点として、現在施工するA工区の中央広場付近に設置予定の「コミュニティスペース」(約100平方メートル)や「コワーキングスペース」(約200平方メートル)、「コミュニティカフェ・スタジオ」(約225平方メートル)、「シェアオフィススペース」(約150平方メートル)といった地域貢献施設についても、新たに図面や活用イメージを公開しています。

7月5日(木)に行われた「オープンハウス」の様子

オープンハウスは9時30分から16時まで開かれ、入場は無料。また、今回のオープンハウス以外にも、野村不動産ではマンションギャラリー付近の空地を活用した地域向けイベントを今月21日(土)に企画しているとのことです。

)この記事は読者の方からの情報提供をきっかけに記事化しました。ありがとうございます。

【関連記事】

アピタ日吉店跡の再開発「箕輪町計画」でパネル展示など行うオープンハウス(2017年2月13日、前回は昨年2月に計4回開催)

<箕輪町計画>“5階レベル”に認可保育所、商業棟を含む「B工区」着工で説明会(2018年6月11日、最新の状況)

<箕輪町計画で説明会>日大高寄りの「A工区」着工を控え住民ら問題点を指摘(2018年3月2日、A工区は着工済み)

【参考リンク】

野村不動産による「オープンハウス」の開催場所(グーグルマップ)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧