新綱島駅や箕輪町の工事現場を“360度撮影”、今しか見られない「相鉄直通線」

横浜日吉新聞

新綱島駅の建設工事の様子が写された360度写真(港北区Facebookページより)

日吉駅の周辺や新綱島駅(仮称)など港北区内で行われている「相鉄・東急直通線」の工事状況が“360度撮影”の迫力ある写真で見ることができます。

港北区は今月号(2018年7月)の「広報よこはま港北区版」で工事の特集を行うとともに、SNS「Facebook(フェイスブック)」上では「港北区版VR」と呼ぶ360度カメラで工事現場を記録した画像を公開しました。

これらの写真は今年4月から5月にかけて撮影したものだといい、日吉駅近くの箕輪町内の工区では、東横線の高架橋を支えながら、その真下にトンネルを掘る様子が写されており、マウスで上下右左のあらゆる角度から見ることができるようになっています。

新綱島駅の360度写真では、新横浜トンネルの掘削準備を行っている様子も見える(港北区Facebookページより)

新綱島駅の建設現場は、地下約35メートルの位置で、新横浜方面へ向かう「新横浜トンネル」の掘削に向けて足場が組まれている様子をはじめ、地下駅部分のむき出しになった擁壁(ようへき=周囲が崩れてこないように設けられた壁)や鉄骨を左右と頭上に見ることができ、迫力ある現場の今が切り取られていました。

なお、360度写真はFacebook上で公開されているため、ログインしない場合は、画面いっぱいにログインやアカウントの新規作成を促す画面が出てきますが、右下にある「後で」をクリックすると、4分の1ほどの大きさに縮小されます。

【関連記事】

<港北区>周囲360度撮影の迫力ある写真を投稿、公式Facebookページ開設(2016年12月28日)

夏休みの親子対象、箕輪町で「相鉄・東急直通線」の工事学ぶプログラム(2018年6月15日、親子に工事現場を公開も)

【参考リンク】

広報よこはま港北区版VR(360度写真、相鉄・東急直通線工事)

広報よこはま港北区版2018年7月号「相鉄・東急直通線工事 地下って今どうなっているの?」(PDF版


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧