出産前のパパ・ママや0歳児を「無料招待」、7/16(祝)に初コンサート企画

横浜日吉新聞
NPOハッピーマザーミュージック(写真・リンクは同法人のサイト)による、初めての港北公会堂でのプレパパ・ママおよび0歳児パパ・ママを対象としたコンサート。「穏やかな音楽と詩の世界」が楽しめそう

NPOハッピーマザーミュージック(写真・リンクは同法人のサイト)による、初めての港北公会堂でのプレパパ・ママおよび0歳児パパ・ママを対象としたコンサート。「穏やかな音楽と詩の世界」が楽しめそう

港北区に住まうプレパパ・ママや、0歳の赤ちゃんとパパ・ママを無料招待――大倉山を拠点に「音楽と子育てする幸せ」を伝える目的で活動するNPO法人ハッピーマザーミュージック(大倉山3)は、来月(2018年7月)16日(月・祝)14時から15時まで、「ウェルカムベビーコンサート」を港北公会堂(大豆戸町)で開催します。

2001(平成13)年から17年間、「音楽と子育てをする幸せ」をモットーに活動してきた同法人は、横浜・川崎エリアや神奈川県、首都圏近郊をエリアとし、音楽家や保育士といった子育て関係者をつなぎ、「0~3歳おやこ専門」親子コンサートを企画運営しています。

今回、港北公会堂で、「プレパパ・ママ」のためのコンサートを実施するのは初めて

同法人代表の鈴木美美子(みみこ)さんは、「今、核家族化の進展により、子育てがより難しいと感じる方も多い中、さらに“辛く、大変”と感じてしまうであろう妊産婦時期のパパ・ママにも、音楽を楽しんでいただけたら」と、“胎教”にも良いと言われるクラシック音楽を中心とした演奏曲を披露するといいます。

ハッピーマザーミュージックは、17年間にわたり「音楽と子育てをする幸せ」をモットーに活動してきた(写真は同法人サイト)

ハッピーマザーミュージックは、17年間にわたり「音楽と子育てをする幸せ」をモットーに活動してきた(写真は同法人サイト)

今回のプログラムは、「アヴェ マリア(バッハ=グノー)」、「子守唄(シューベルト)」、「タイスの瞑想曲(マスネ)」、そして「愛の挨拶(エルガー)」ほかの曲目を予定。

朗読は大河内恵津子さん、ソプラノは赤羽郁子さん、ヴァイオリンは渡邉真帆子さん、チェロは中野律子さん、ピアノは佐藤奈央さんが担当。篠原北に拠点を置く、産前産後母子ケア活動を行う「ハンドレッド・スマイル」(篠原北)の助産師・宮崎悦子さんも立ち会い行うので、安心して来館してもらいたいとのこと。

今回は港北区の助成を受けコンサートが実現したことから、港北区内在住で、出産を控えたプレパパ・プレママや、0歳の赤ちゃんとパパ・ママは無料招待(要事前予約・定員に達し次第締め切り)。妊婦の方単身や、父子・母子のみでの参加も可。

多胎児(多生児)でも参加はできますが、1歳以上の乳幼児の同伴は不可とのこと。

港北区外からの参加でも有料であれば可能で、プレパパ・ママ1組あたり、また0歳の赤ちゃんとパパ・ママ1組あたり各1000円。港北区内外問わず、大人(祖父母など)同伴の場合は、1名あたり1000円の支払いが必要です。

【参考リンク】

プレパパ・ママの交流を、6/23(土)午前に高田西の子育て支援施設で(2018年6月19日)※港北区が今年からプレパパ・ママ事業を支援し開催

【参考リンク】

ウェルカムベビーコンサート(ハッピーマザーミュージックの公式サイト)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧