<週間ランキング>綱島東口の駅前タワマン、セブンのシェア自転車などに注目

横浜日吉新聞
ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2018年5月)18日(金)から24日(木)までの7日間で計18万3645ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、5月22日(火)に公開した「綱島東口の駅前『高層複合ビル』は330戸を想定、新綱島側より大規模な計画に」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 綱島東口の駅前「高層複合ビル」は330戸を想定、新綱島側より大規模な計画に(5月22日、14,612)
    → 2016年から基本計画の作成が行われていましたが、その結果、330戸の規模を構想していることが明らかになったものです。新綱島側の高層ビルは、区民文化センターなどが入る6階建て程度の「低層部」がありますが、東口駅前ではほぼすべてが高さ99メートル程度になるとみられます。なお、タワーマンションの約1割程度は商業施設として使われる見通しです
  2. セブンイレブンで借りられる「電動自転車」、日吉・綱島・高田でも広がる対応店(5月21日、8,606)
    → 日吉・綱島・高田では駐車場スペースに余裕のある4店舗が対象となっています。15分あたり60円で、1日の場合は1000円という料金。現時点でそれなりに人気を集めているようです
  3. 薪窯で焼くピザ店がサンロード近くに開店、和の食材や自家製デザートにこだわりも(5月17日、4,145)
    → 2週連続でランキング登場となりました
  4. 下田町交差点近くに100室の「介護付有料老人ホーム」、2019年4月にマンション跡で(5月18日、2,751)
    → 高田町に近いエリアにあった築45年超のマンションを解体して行われるこの計画。一面の農地が広がる高田町側に加え、下田町側にも農地が比較的残っている位置で、バス通りの道路からも奥まっていて、老人ホームとしての環境は悪くない気がしました
  5. 綱島駅の臨港バス「定期券販売所」、ICカード化で綱島街道沿いのコンビニ跡地へ移転」(5月21日、2,241)
    → バス乗場にあった従来の販売所はICカード対応機器が導入できなかったとみられ、近くの空き店舗へ移転となります
  6. 箕輪小の設置へ横浜市会で議論、壁面近接に市長「設計変更を求める必要ない」(5月23日、2,649)
    → 校舎後方の近い位置に20階建てのマンションがそびえる計画となってしまい、校門付近には高圧線と鉄塔が存在するという環境の土地。40億円もの税金をはたいて買わなければならなかったのはなぜなのか。駅からもっとも遠くマンションを建てるに適していなかったからでしょうか。前所有者のNRI野村総合研究所は“どこか”に32億円で売却したと決算資料で公開しています(参考記事)。横浜市が誰かに“忖度(そんたく)”したのでしょうか。貴重な税金が投入され、付近の多くの子どもが通うことになる公共施設だけに見逃せない部分です
  7. <相鉄・東急直通の鉄道新線>日吉・綱島住民なら知っておきたい3つの焦点と展望(2016年5月15日、2,026)
    → ほぼ3年前の記事ですが、5週連続でランキング登場となりました
  8. アピタテラスが「ネットスーパー」、日吉・綱島の全域と高田東、木月や加瀬も対応(5月24日、1,934)
    → イトーヨーカドーやイオン、西友などが行っている「ネットスーパー」にアピタも戻ってきました。“ネット通販”というより、お買い物代行サービスという位置付けで、担当者が実際に買物カゴを持って店内で“買物”を行ったうえ、数時間後には自宅まで届けてくれます。共働きや子育て世帯には心強い存在です
  9. <日吉の音楽レストラン>ジャズを親子で楽しむ、新ボーカルも登場で6/3(日)に(5月18日、1,752)
    → 日吉在住のピアニスト・森華燿子(かよこ)さんの企画による親子向けジャズコンサート。普段から子ども向けにピアノを教えるなど、子どもが喜ぶ楽曲を熟知している森さんだけに、回を重ねるごとに参加者が増えているそうです
  10. 鶴見川沿いの教習所で5/20(日)に恒例イベント、ステージや飲食ブースも(5月16日、1,727)
    → コヤマドライビングスクールによる恒例の「パパルフェス」、当日は好天に恵まれ大いににぎわっていました

※新横浜エリアの週間ランキングはこちら


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧