日吉駅前保育園で「学び楽しむ」イベント初開催、親子体験や育児セミナーも

横浜日吉新聞
日吉駅前・普通部通り(日高屋の入るビルの2階)にある「まなび家保育園日吉」に、「まなび家アカデミー」が新規開講。4月22日に開催のイベントの司会進行は英語で実施。国際色豊かなアットホームな雰囲気で行われた

日吉駅前・普通部通り(日高屋の入るビルの2階)にある「まなび家保育園日吉」に、「まなび家アカデミー」が新規開講。4月22日に開催のイベントの司会進行は英語で実施。国際色豊かなアットホームな雰囲気で行われた

法人サポーター会員による提供記事です】日吉駅前の保育園で、学んで楽しめる「アカデミー」が誕生しました。日吉駅西口から徒歩1分、普通部通りに昨年(2017年)8月にオープンした認可外保育園「まなび家保育園日吉」(株式会社まなび家=日吉本町1運営)では、地域向けイベント「まなび家アカデミー」を、今週(2018年4月)22日から新規開講しています。

「地域に開かれた保育園を運営したい」と開園理念に掲げていた同園初の試みとして、親子で参加できる「“英語でアート教室”てのひらアート」、「フランス発祥ウールレター」「グローバル育児セミナー〜英語教育ってどうすれば良いの?」の3講座をすでに開催。

同園のマネージャーで、国際交流を支援するNPO法人「ザ・グローバル・ファミリーズ」(東京都港区)副理事長も務めるルミコ・ハーモニーさんが同アカデミーをコーディネートし、「週末や祝日に、気軽に参加できるイベントを多数開催していきたい」(同園)と、今週末(4月)28日(土)や、5月以降も、アートやヨガ、育児セミナーといった、子育て世帯を対象としたイベントを企画しています。

グーグルからの配信による広告

“日常での英語”使用で国際感覚を磨く親子イベント開催も

同園のマネージャーで、国際交流を支援するNPO法人「ザ・グローバル・ファミリーズ」副理事長のルミコ・ハーモニーさん(右)。フィンランド人と結婚し、3児の母としても積極的に情報を発信している

同園のマネージャーで、国際交流を支援するNPO法人「ザ・グローバル・ファミリーズ」副理事長のルミコ・ハーモニーさん(右)。フィンランド人と結婚し、3児の母としても積極的に情報を発信している

22日午前に開講されたイベント「“英語でアート教室”てのひらアート」には、同園在園児のほか、日吉近郊在住者含めた4家族9名が参加。司会進行を行うルミコさんは、ほぼ英語を使用し、手のひらや足の裏を使ってペインティングしたものを「絵画」として仕上げるプロセスを説明。

約1時間の時間内で、それぞれが「アート」や「世界」を体感できる時間になるようにと、イベント内でのコミュニケーションを笑顔で試みるルミコさんの姿に、多くの参加者からの共感が集まっていました。

ルミコさんはフィンランド人の夫と国際結婚し、3人の子育てを行っていることもあり、「日常的に、英語や国際的な環境に触れられる場を、普段のこの園での保育でも行っています。イベントでは、より地域の皆様にそんな園の試みを知っていただき、また楽しんでもいただけたら」と、これまでの“日本での英語教育”にはない、“活きた国際感覚”や“語学・アート感覚”を磨いてもらいたいと意気込みます。

子育ての悩みや想いを共有できるイベントをこれからも

同園園長で代表の長谷川雄一さんは、「子育てを共働きの親だけで全て行っていくのは難しい時代。もっと地域資源を活用して、肩の力を抜いて子育てを楽しんでいってもらえたら、と感じています。通園いただいている家庭はもちろん、それ以外の地域の皆さんにも、駅前という立地を活かし、気軽に楽しんでもらうための“学びの場”を開設しました」と、アカデミーを開始した経緯について説明します。

「親子で様々な国際色豊かなイベントなどを体感いただけたら」と同園。ママのためのヨガ教室や、セミナー形式のイベントなど、今後も積極的な「アカデミー」のプログラムを予定している

「親子で様々な国際色豊かなイベントなどを体感いただけたら」と同園。ママのためのヨガ教室や、セミナー形式のイベントなど、今後も積極的な「アカデミー」のプログラムを予定している

無事に保育園に入れた場合でも、「とかく、子どもを保育園に通わせている間は、両親ともに時間的にも精神的にも余裕がない方が多いのではないでしょうか。仕事と子育てで毎日が終わってしまう人も多いと感じています。また、子どもが0歳であれば、親も親としては0歳。初めての子育てをどうやっていくのか、という点については、日々不安が付きまとうのではないでしょうか」と、“仕事や子育て”で手いっぱいな保護者を心配しているといいます。

また、「園を越えた、“タテ・ヨコ・ナナメ”の関係、気軽に話せる“ヨコ”の関係、そして利害関係の無い“ナナメ”の関係など、様々な関係性でコミュニケーションが取れる場作りが大事だと感じています」と、様々な局面での交流を生み出すことができる“地域に開かれた園”としての役割を担っていきたいとのこと。

今後のイベントは、28日(土)に、「英語でアート教室 “バタフライアート”」「親子ヨガ」「ママ癒やしヨガ」(参加費2000円、価格はいずれも税込)、来月(5月)12日(土)に、『国際結婚一年生』(2010年12月、主婦の友社)の著者として知られる塚越悦子さんを講師に招いた「アドラー心理学に学ぶ“ふたりの”子育てセミナー」(同4000円)などの開催を予定しています。

参加は前日までの事前申し込みが必要で、入会金は不要とのことです。

【関連記事】

日吉駅前の新保育園が感じた“保活事情”、海外帰りや早生まれ、短時間ニーズも(2018年3月28日)

親も子も「学べる」保育園が日吉駅前に新設、手ぶら通園や英語読み聞かせも(2017年7月21日)

【参考リンク】

「まなび家保育園」公式サイト

地域の良さを活かしつつ貢献する~地域向けイベントに参加する(同園のサイト)※イベント案内

まなび家保育園 日吉Facebookページ

まなび家保育園Twitter

法人サポーター会員:株式会社まなび家提供)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧