<相次ぐ再開発>ずっと足りない日吉・綱島の保育所、市内で唯一「重点整備地域」に

横浜日吉新聞

この先も日吉と綱島のほぼ全域で認可保育所が不足するようです。横浜市は2年後の2019年4月に整備する保育所について、今月(2017年10月)現在の「重点整備地域」として、市内では唯一、日吉1~4丁目箕輪町1~3丁目日吉本町1~3丁目綱島東1~4丁目の4つの町をあげました。加えて、日吉本町5~6丁目と綱島西や綱島台、綱島上町も「整備が必要な地域」として示されています。

横浜市内で唯一、日吉と綱島東が認可保育所の「重点整備地域」にあがっている(市の発表資料)

これまで重点整備地域には、日吉・綱島だけでなく神奈川区などの人口増加地域が入っているケースも多かったのですが、ついに横浜市内で日吉・綱島だけが“もっとも保育所が足りないエリア”として残されることになりました。

日吉駅の周辺では、箕輪町2丁目のアピタ日吉店跡など一連の跡地を使った1320戸におよぶ大規模再開発計画をはじめ、日吉2丁目の学生寮「日吉インターナショナルハウス」跡でも大型マンション建設が見込まれ、日吉本町駅近くにある日吉本町3丁目の明治社員寮跡や、近隣の日吉本町4丁目にある大塚製靴工場撤退後の跡地など、大型マンションや一戸建て住宅の建設に適した土地が目立ちます。

日吉や綱島では子どもが生まれても認可保育所へ預けられるかどうかは分からない(イメージ写真)

綱島東エリアでも、2023年3月末までに綱島東1丁目で「相鉄・東急直通線」の新綱島駅(仮称)開業が控えており、すでに綱島駅前東口では東急不動産によるマンション「ブランズ綱島」(綱島東2丁目)の完成が近づき、綱島東4丁目の綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン)周辺では、少なくとも2棟のマンション建設が進んでいます。駅の開業が近づくにつれ、さらなる再開発も予想されます。

新たな鉄道開通を契機とした再開発が活発化する日吉・綱島では、今年(2017年)4月に2エリアに認可10園を設け、来年4月には箕輪町2丁目に1園、綱島では横浜保育室からの移行1園と小規模保育所(小規模保育事業)1園を含め計3園が新設される予定ですが、今後もマンションを中心とした再開発が続くなかで、保育所需要を満たすことは至難のようです。

【関連記事】

<2018年4月の「認可保育所」募集>日吉・綱島・高田は5園増、147人分を新たに確保(2017年10月14日)

希望する保育所に入れない「保留児童」は19人増の583人、日吉・綱島で重点整備へ(2017年4月27日)

日吉駅周辺と箕輪町で保育園新設の見通し立たず、「重点整備地域」にまた指定(2016年7月28日、日吉はずっと重点整備地区に指定され続けている)

【参考リンク】

平成31年4月に向けた横浜市民間保育所 整備が必要な地域一覧PDF、横浜市、2017年10月現在)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧