<日吉中央通りの先>2月に開店したタイ風カフェが「さつまダイニング」に転換

横浜日吉新聞

今年(2017年)2月に日吉駅前中央通りの先にオープンしたタイ風カフェ「ジャスミン」が閉店し、今月(9月)13日(水)から「さつまダイニングあんず」として新たにオープンしました。

タイカフェ食堂から今月13日に転換した「さつまダイニングあんず」

昼間は「鶏天南蛮(鶏肉の天ぷらにタルタルソースをかけたもの)」や「豚ロースしょうが焼き」「ぶりの照り焼き」(いずれも税込800円)など5種類のランチメニューを提供。夜は居酒屋として、「地鶏のたたき」や「特製さつまあげ」「鶏天南蛮」(いずれも同680円)といった15種類ほどの食事メニューと、焼酎(同420円~)やビールなどを出しています。

同店は、日吉本町2丁目の慶應義塾大学の体育会学生寮(下田学生寮)に近い場所にあるためか、ランチメニューではライスの特盛サイズ(300グラム)も追加料金不要としていました。

(※)本記事の記載内容につきましては、複数の読者の方より情報提供をいただきました。ありがとうございます。

【関連記事】

中央通りの先にタイ風カフェ「ジャスミン」、2月中旬オープン(2017年2月3日)

【参考リンク】

タイカフェ食堂 ジャスミン時代の「食べログ」ページ


関連スポンサー広告(グーグルから配信)