下田地蔵尊の「眞福寺」で新たな墓苑の公募会、指定石材業者が63万円から

横浜日吉新聞
眞福寺(しんぷくじ)で新規造成区画の墓苑を販売するとのチラシ

眞福寺(しんぷくじ)で新規造成区画の墓苑を販売することを知らせる新聞折り込みチラシ

下田町3丁目の下田地蔵尊前バス停前にある「眞福寺(しんぷくじ)」で、新規造成区画の墓苑(ぼえん=霊園)を販売するとのチラシが指定石材業者の創生セレクト株式会社(東京都港区)によって日吉地区の新聞各紙に折り込まれました。

チラシによると、永代使用料は63万円からで、今月(2017年1月)31日(火)まで初の公募会を行うとしています。なお、創生セレクト社のWebサイトがないため、チラシ以外での情報は掲載されていません。

眞福寺は曹洞宗(そうとうしゅう)の寺で、バス停にあるように下田地蔵尊とも呼ばれ、下田町の町名の由来になったとも言われる由緒ある寺です。

【参考リンク】

シリーズわがまち港北「第163回 下田の自然と幻の新幹線計画」(2012年7月、わずかに残る下田神社から真福寺に至る緑地が貴重との記述も)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)