綱島エリアの小学校でインフル流行の兆し、綱島・北綱島・大曾根の3校で学級閉鎖

横浜日吉新聞

綱島エリアの小学校でインフルエンザが流行しつつあります。横浜市教育委員会によると、先週(2017年1月)20日までの間に、北綱島小学校(綱島西5)と大曾根小学校(大曽根2)、綱島小学校(綱島西3)の3校で学級閉鎖となったクラスが出ています。

p170126p001

市内全体では入院が必要となる重症化事例が2014~15年シーズンより増えている(横浜市インフルエンザ流行情報より)

北綱島小では、今月16日(月)に2年生の1クラスで7人、翌17日(火)には大曾根小で6年生の1クラスで8人、19日(木)は綱島小で2年生の1クラスで7人がそれぞれ欠席し、翌日から3日間の学級閉鎖となりました。

横浜市健康福祉局健康安全課によると、今年は1月9日から15日までの間に、市内全体では入院が必要となる重症化事例が2014~15年シーズンより多く報告されているといい、注意が必要です。

※見出し左側の写真はイメージ

【関連記事】

まだインフルエンザには警戒必要、日吉・綱島の小中学校で依然学級閉鎖も(2016年2月22日、※昨年の記事)

インフルエンザが流行中、日吉・綱島の5小学校で10クラスが学級閉鎖(2016年1月26日、※昨年の記事)

【参考リンク】

インフルエンザ様症状による臨時休業情報(横浜市)

横浜市感染症情報センター


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧