パントマイムもこなすプロマジシャンも登場、日吉マジック発表会は1/29(日)に

横浜日吉新聞
日吉マジック発表会も第16回目の開催。今年もプロ・マジシャンをゲストに招いたマジックショーを楽しめる

日吉マジック発表会も第16回目の開催。今年もプロ・マジシャンをゲストに招いたマジックショーを楽しめる

今年も日吉マジックの季節がやってきます。今年で21年目を迎えるマジックのアマチュアサークル・日吉マジックは、2017年1月29日(日)13時15分(開場12時50分)より、第16回「日吉マジック発表会~2017マジックショー」川崎市国際交流センター(中原区木月祗園町2)にて開催します。

1996年に設立し日吉駅周辺で活動する同会のメンバーのうち今回は14名がマジックを披露。発足メンバーであり現在も会長を務める斉藤正男さんは「今も入会者が増え、会にとても活気があるんです。ぜひ、そんな楽しいマジックの雰囲気を多くの皆さんに楽しんでいただけたら」と、1週間後に迫る開催に向け、マジックの練習にも熱が入っていると意気込みます。

今回もプロのマジシャンをゲストに招くプログラム。パントマイムをマジックにいち早く取り入れた笑太夢(しょうたいむ:林太一)さんが率いる「笑太夢マジック」が登場。笑太夢マジックは2001年に中国・上海で開催された「世界マジックフェスティバル」にて日本代表の1組として出演し、 日本人初入賞となる「銅賞」を受賞。世界中から注目される一流マジシャンとの評価を得ており、「大人から子供まで楽しめるファンタスティックで楽しいマジックショー」を特色としているといいます。

日吉マジック設立メンバーの斉藤正男さん。日吉中央通りで有限会社でんきのサイトーを営んでいる(同店にて撮影)

日吉マジック設立メンバーの斉藤正男さん。日吉中央通りで有限会社でんきのサイトーを営んでいる(同店にて撮影)

マジックの休み時間には健身気功でのリラックスタイムも予定されており、「昨年(2016年1月)の開催時は特にお子さん連れなど若い世代の来場が増え、大いにステージが盛り上がりました。今年も入場無料でお楽しみいただけます。笑太夢さんは公益社団法人日本奇術協会の理事も務めるなど“マジック業界”のスペシャリストとして知られています。パントマイムの楽しさがいっぱい詰まった笑太夢さんらによるステージは見逃せません。この機会にぜひ日吉マジックならではの楽しい時間をお過ごしください」と、斉藤さんは多くの来場を呼び掛けています。

【関連記事】

第15回「日吉マジック」が1/31(日)に発表会、現在メンバーも募集中(2016年1月18日)

【参考リンク】

「日吉マジック」ホームページ

「日吉マジック」ニュース(会員募集案内掲載)

笑太夢マジックホームページ

川崎市国際交流センターへのアクセス(同センターホームページ)※東急線元住吉駅下車徒歩約10分

【地図】グーグルマップ(川崎市中原区木月祗園町2-2、日吉駅から徒歩約23分)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)