子育て賃貸マンション開発続く北加瀬、公社の「フロール新川崎」が入居者を募集

横浜日吉新聞

日吉駅から直線距離で約1.5キロ超、神奈川県住宅供給公社が幸区北加瀬1丁目で建設している約174戸の賃貸住宅「フロール新川崎」の申し込み受け付けが昨日(2017年1月13日)から始まりました。

日吉地区の新聞に折り込まれた「フロール新川崎」のチラシ

日吉地区の新聞に折り込まれた「フロール新川崎」のチラシ

新川崎駅から徒歩約8分(川崎鶴見臨港バス「寿福寺前」すぐ)の場所にあるフロール新川崎は、約8000平方メートルほどの敷地に「子育て家族が快適かつ安心・安全な暮らしを送ることができる」というコンセプトで、建物内に認可保育所を備えた5階建ての公営賃貸マンションを建てる計画です。

今月13日から建物内モデルルームの公開も行われており、申し込みは17日(火)15時までが中学生までの子どもが同居する世帯の優先枠、22日(日)までが一般枠として受け付けています。入居は3月になるといいます。

全10タイプの部屋があるという(フロール新川崎のチラシより)

全10タイプの部屋があるという(フロール新川崎のチラシより)

家賃は1LDK(47.13平方メートル)が10万5500円から11万4400円、2LDK(56.36平方メートル)は11万5300円から13万5500円、3LDK(66.75平方メートル)が13万9100円から14万9300円などとなっており、計163戸を募集する予定です。

フロール新川崎に近い北加瀬2丁目では、JR東日本グループがファミリータイプの賃貸住宅を中心に子育て支援施設や商業施設を建設する計画も進んでおり、この先、周辺はにぎやかになりそうです。

【関連記事】

“川崎日吉”の北加瀬で「子育て世代」意識した再開発が進行中、JR東日本など計画(2016年5月27日)

JR東日本の「北加瀬」再開発、住宅は2LDK中心、商業施設は小規模店のモールか(2016年6月14日)

【参考リンク】

フロール新川崎の公式サイト(神奈川県住宅供給公社)

フロール新川崎の申し込み資格など


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧