今週12/6(火)に「綱島公園」で放火か、立木や掲示板などが燃やされた跡

横浜日吉新聞
綱島駅近くにある綱島公園の入口

綱島駅近くにある綱島公園の入口

今月(2016年12月)6日(火)の14時ごろ、綱島公園(綱島台1)で立ち木が燃えているのを付近の住民が発見し、自身で消火したといいます。

港北消防署と港北警察署が翌7日(水)に出動、ほかにも落葉や掲示板などが焦げていることが判明しました。両署では計4件の放火とみて調べを進めています。

木々が多い公園だけに、空気が乾燥している冬場は被害が大きくなる可能性もあります。昼間でも公園内の不審者に注意が必要です。

なお、公園における放火では、今年2月11日に日吉本町駅近くにある「日吉本町鯛ヶ崎(たいがさき)公園」(日吉本町5)で枯草などが約100平方メートルを焼く被害が発生しました。

港北消防署では、地域でも「放火されない・放火させない」環境づくりをすることを訴えており、家の周りに燃えやすいものを置かず、常に整理整頓をすることや、ごみは指定された日時、場所に出すこと、車やバイク、自転車のカバーには「防炎製品」を使うことなど、放火を防ぐための対策を呼び掛けています。

【関連記事】

相次ぐ放火に警戒、2/11の「鯛ヶ崎公園」出火や綱島東では雑誌焼かれる被害(2016年2月19日)

日吉駅に比較的近い「日吉1丁目」で一夜4件の不審火、放火犯に最大限の警戒を(2016年7月16日)

【参考リンク】

港北区内における放火火災発生状況(横浜消防)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧