病院スペースを無料で開放、日吉慶友クリニックが非営利の団体や個人対象に

横浜日吉新聞
貸し出される待合室スペースの広さは約50平方メートル。午前の診療に訪れた方が退出されてからの利用となる

貸し出される待合室スペースの広さは約50平方メートル。午前の診療に訪れた方が退出されてからの利用となる

病院の待合室を利用して、地域貢献活動をしてみませんか?――日吉5丁目の日吉慶友クリニック(医療法人社団やまと運営、金井隆之院長)が、2016年8月より、平日(月曜日から金曜日まで)の午前と午後の診療の間、13時頃から14時30分まで、地域活動を行う団体や個人向けに、病院受付付近の待合室スペースの無料貸出を開始していたことがわかりました。

これは、同クリニックが地域貢献活動の一環として行うもので、利用対象者は地域で活動するNPO法人やボランティア団体、個人などに限り、14時30分までに現状を回復することを条件にスタートしたものです。

無料スペース利用で、来月10月17日(月)からは「いきいき!健康いすヨガ」講座がスタートするという(当日13時より受付、先着20名)

無料スペース利用で、来月10月17日(月)からは「いきいき!健康いすヨガ」講座がスタートするという(当日13時より受付、先着20名)

広さは約50平方メートルと、解放感もあり、テレビや、プロジェクター、待合室の椅子も無料貸し出しが可能。利用の開始は午前中の来客が窓口手続きなどを終え、完全に退出した後(13時頃)からとなるため、時間にも限りがあるものの、昨年(2015年)10月にリニューアルオープンしたばかりの同院の新しい施設の一角を利用できるとあり、静かな人気を呼びそうです。

受付を担当する藤あゆみさん(医療法人社団やまと)は、「ご利用にあたっては、原則、初回に限り30分程度の事前面談が必要になります。営利団体や勧誘等をされる団体、個人の方はご利用いただけないなど、制約もありますが、広々としたクリニックの入口の一角を、ぜひ地域の皆さんにお使いいただきたいと思っています。セミナーや勉強会、語学講座やちょっとした教室、講演会や懇談会、部活動やサークル活動、ミニ・コンサートの開催などにも最適です。季節のイベントなどの開催も歓迎しています。ぜひお気軽にお声かけください」と、多くの利用を呼び掛けています。

日吉慶友クリニックは「宮前西町」「宮前中町」バス停からも徒歩1分と、バスを利用しても便利

日吉慶友クリニックは「宮前西町」「宮前中町」バス停からも徒歩1分と、バスを利用しても便利

日吉慶友クリニックは、日吉駅東口から「日92、日93、日94、日95」系統のバスに乗車、「宮前西町」バス停にて下車、新川崎方面や綱島方面からは「宮前中町」バス停にて下車、いずれも徒歩1分。日吉駅から徒歩15分の場所にあります。

【関連記事】

慶友クリニックの医師・田上理事長が地域医療を考える講演、6/25(土)に宮前公会堂で(2016年6月20日)

【参考リンク】

日吉慶友クリニック公式ホームページ ※無料スペース利用については平日のみ受付

日吉慶友クリニック公式Facebookページ

(提供:日吉慶友クリニック)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧