開設から1年超、ツイッター上で横浜日吉新聞を名乗る「なりすまし」が登場

横浜日吉新聞
「横浜日吉新聞」になりすましたツイッターアカウント

「横浜日吉新聞」になりすましたツイッターアカウント

横浜日吉新聞が運営する公式のツイッター(Twitter)のほかに、「横浜日吉新聞」を名乗る“偽物”が登場していたことが昨日(2016年8月16日)わかりました。

本紙が運営するツイッターアカウントは「@hiyosi_net」ですが、横浜日吉新聞を名乗る偽アカウントは、よくわからない文字の羅列(登録時に指定しないとランダムで表示されるものの可能性)となっており、2016年8月に開設された後は内容も非公開となっています。

“本物”の横浜日吉新聞によるツイッターは2015年7月に開設し、1年超を経た今日(8月17日)現在では、フォロワー数が3753となりました。

「ついに偽物まで登場するとは感慨深い……」と思わないわけでもありませんが、偽アカウントによる偽情報の発信などで読者のみなさんに混乱を生じさせる可能性も考えられます。そのため、発見後は直ちに米ツイッター社へ連絡し、適切な対応を求めております。“なりすまし”の偽アカウントが発信する情報には十分ご注意いただきますようお願いいたします。

【関連リンク】
横浜日吉新聞の公式ツイッター(本物)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧