「ナガサキの原爆」をテーマに特別展、9/4(日)まで労災病院近くの川崎市平和館で

横浜日吉新聞
川崎市平和館「原爆展・特別展」の詳細(ホームページより)

川崎市平和館「原爆展・特別展」の詳細(ホームページより)

まもなく2016年の原爆の日が近づいてきました。元住吉駅近くにある「川崎市平和館」(中原区木月住吉町、関東労災病院近く)では、7月30日から9月4日(日)まで「ナガサキの原爆」をテーマとした特別展を行っています。

今回の展示では、1945(昭和20)年8月9日に長崎へ投下された原爆の被害に焦点を当て、被爆者や被爆直後の市内の様子など原爆被害の状況を撮影した写真パネルのほか、現物資料などを展示するといいます。

入場は無料。8月15日を除き毎週月曜日と第3火曜日は休館となります。開館時間は9時から17時までです。

【関連記事】
労災病院近くの川崎市平和館、7/18まで「平和学的に社会を見る」企画展(2016年6月16日)

【参考リンク】
川崎市平和館「原爆展・特別展」の詳細


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧