井田病院近くの高齢者住宅、“Cアミーユ”改め「そんぽの家S」が7/16から現地見学会

横浜日吉新聞
そんぽの家S元住吉西
新聞に折り込まれた「そんぽの家S元住吉西」のチラシ

新聞に折り込まれた「そんぽの家S元住吉西」のチラシ

中原区井田2丁目の井田病院から徒歩5分程度の場所に来月(2016年8月)オープンを予定しているサービス付き高齢者向け住宅(通称「サ高住」)「Cアミーユ」(全60室)は、ブランド名を「そんぽの家S」とあらため、7月16日(土)から18日(月・祝)と23日(土)と24日(日)に現地見学会を開くとのチラシを新聞に折り込みました。

Cアミーユは、損保ジャパン日本興亜グループの株式会社メッセージ(岡山市南区)が全国展開していましたが、今月1日付けで会社名をSOMPOケアメッセージ株式会社に変更。サービス付き高齢者向け住宅などのブランド名も変わることになったものです。

今回する「そんぽの家S元住吉西」は、川崎市バス「中原老人福祉センター入口」バス停から徒歩1分の場所。バリアフリーに配慮した高齢者向けの賃貸住宅で、介護スタッフが24時間常駐し、自立している人はもちろん、認知症や寝たきりの「要介護5」の人も入居可能だといいます。

見学会は各日9時から17時まで行われ、事前にフリーダイヤル(0120-696-663)への予約が必要となっています。

【関連記事】

井田病院近くに全60室のサービス付き高齢者住宅「Cアミーユ」が8月オープン(2016年6月4日)

【参考リンク】

サービス付き高齢者向け住宅「そんぽの家S 元住吉西」(旧「Cアミーユ元住吉西」)の紹介


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧