日吉駅からバス直通の南加瀬2に高齢者向け住宅、8月オープン前に見学会も

横浜日吉新聞
日吉地区の新聞に折り込まれた「ココファン新川崎」のオープンを知らせるチラシ

日吉地区の新聞に折り込まれた「ココファン新川崎」のオープンを知らせるチラシ

新川崎駅から徒歩18分の幸区南加瀬2丁目にサービス付き高齢者向け住宅(通称「サ高住」)の「ココファン新川崎」が今年(2016年)8月にオープンします。ココファンは学研グループが運営するサ高住で、日吉本町4丁目でも「ココファン日吉」を展開しています。

今回開設されるココファン新川崎は、地上4階建ての総戸数42戸で月額の利用料は税込み12万7000円から(家賃や生活サービス費など含む)となっており、介護スタッフが24時間常駐するといいます。また食事の提供(3食30日で4万7820円)も行われます。

この場所はもともと企業の事業所があった場所で、夢見ヶ﨑小学校に近く、川崎鶴見臨港バスの「ひがし前」停留所の目の前です。日吉駅や川崎駅などを結ぶ路線が通る臨港バス・川崎市バスの「南加瀬住宅前」からも徒歩4分となっているため、日吉からの交通の便は悪くありません

ココファン新川崎では6月11日(土)・12日(日)・15日(水)の午前と午後に説明会と見学会を開く

ココファン新川崎では6月11日(土)・12日(日)・15日(水)の午前と午後に説明会と見学会を開く

サ高住は、バリアフリーに配慮した高齢者向けの賃貸住宅で、安否確認や生活相談などのサービスが付加されています。自立した60歳以上の高齢者のほか、ココファン新川崎では、要介護5や認知症の人も入居が可能です。

8月のオープンに先立ち今月(2016年6月)11日(土)と12日(日)、15日(水)には現地で午前(10時)と午後(14時)に説明会と見学会も行われます。

【関連記事】

井田病院近くに全60室のサービス付き高齢者住宅「Cアミーユ」が8月オープン(2016年6月4日)

<日吉7丁目>47戸の「サービス付高齢者住宅」を計画、日大高に近い倉庫跡地で(2016年4月4日)

【参考リンク】

ココファン新川崎の詳細(一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会)

サービス付き高齢者向け住宅とは(学研ココファン)

ココファン日吉(日吉本町4)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧