3名以上でより参加しやすく、20周年を迎える恒例のダンスイベント出場団体募集

横浜日吉新聞
昨年2015年開催の「港北ダンスフェスティバル」の案内
昨年2015年に実施された「港北ダンスフェスティバル」の案内。ロビー、客席はともに満員、満席の状態だったとのことで、昨今のダンスブームを反映してか、大盛況だった様子がうかがえる

昨年2015年に実施された「港北ダンスフェスティバル」の案内。ロビー、客席はともに満員、満席の状態だったとのことで、昨今のダンスブームを反映してか、大盛況だった様子がうかがえる

今年20周年を迎える恒例のダンスイベント、参加者募集――横浜市港北区内で活動するダンスサークル・団体(日舞・社交ダンス以外)の発表の場として開催されてきた「港北ダンスフェスティバル」(港北ダンスフェスティバル実行委員会主催)が、今年2016年11月20日(日)13時から17時まで、港北公会堂にて実施される予定です。

港北ダンスフェスティバルは、港北区内で活動するダンスサークル・団体に“発表の場”を提供団体間の交流を育み連帯感を共有、港北区の文化・芸術の向上を目的として毎年開催されています。

今年2016年11月の開催で、当フェスティバルは20周年にあたり、記念公演としての実施(同委員会)となることから、横浜市港北区内外のダンス関係者からも、より“熱い注目”が集まっているといいます。

昨年2015年の同イベントには、日吉・綱島を活動拠点とする団体をはじめとした区内に在住、または活動する5名以上の団体13組が出場。今年は、参加人数の要件を3名以上に大幅に緩和することになり、より少人数のサークル・団体でも参加しやすくなったことにも“より身近な地元イベント”としての期待感が寄せられています。

多彩なダンスサークル・団体で賑わった昨年のプログラム。20周年にあたる今年はどんなダンスが披露されるのか。3名以上からに参加要件も緩和、よりエントリーしやすくなった当イベントへの注目はより高まっている

多彩なダンスサークル・団体で賑わった昨年のプログラム。20周年にあたる今年はどんなダンスが披露されるのか。3名以上からに参加要件も緩和、よりエントリーしやすくなった当イベントへの注目はより高まっている

昨年2015年11月の開催については、「参加団体も、ジャズダンスやクラシック・モダンバレエ、ヒップホップやフラダンス、モダンダンス等々、幅広いジャンルを網羅。キッズからシニアまで、幅広い年代層が日々の活動の成果としての踊りを披露、例年を上回るほどのたくさんのお客様にご来場いただきました。ロビー、客席はともに満員、満席の状態で、ご迷惑をお掛けしなかったか心配になったほど」(主催者)と、大盛況のうちに公演終了したとのこと。

「今年はダンスフェスティバル開催20周年の記念すべき年となります。参加エントリーはお早めにご検討・お申込みください」と、主催者は多くのダンスサークル・団体からの参加申込を呼び掛けています。

参加サークル・団体からのエントリー申込は6月30日(木)までにメールにて連絡要。本申込は郵送で7月1日(金)から13日(水)まで必着16団体までの参加者を募集、先着順にて締切となります。

参加料は1名あたり3000円(1団体上限10万円)。リノリウム(舞台用床材)協力費として1団体1000円。開催前2回の全体会議(10月14日、11月4日いずれも午前10時より)、リハーサル(11月19日)、反省会(12月2日午前10時より)に、団体としての意思決定ができる代表者等の出席が必要です。

【参考リンク】

平成28年度『港北芸術祭』港北ダンスフェスティバル 11月20日開催 出場団体募集(横浜市港北区ホームページ)※募集要項へのリンクあり

港北ダンスフェスティバル出場団体募集(募集要項・港北区ホームページ)[PDFファイル]

港北ダンスフェスティバルFacebookページ


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧