米ウェンディーズに売却報道、日吉でも新たな「ファーストキッチン」に期待

横浜日吉新聞
ファーストキッチン日吉店
駅前の浜銀(バス)通りにあるファーストキッチン日吉店

駅前の浜銀(バス)通りにあるファーストキッチン日吉店

日吉にも店舗を置き、関東地方を中心に約130店を展開するハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」が同業である米「ウェンディーズ」の日本法人に売却されることになったと先週(2016年5月)23日に新聞各紙が一斉に報じました。報道によると、ファーストキッチンの親会社であるサントリーが中核の飲料事業に集中するための選択だったとみられます。

サントリーは同じく子会社としていたサンドイッチチェーン「サブウェイ」の株式も多くを手放す方針を固めており、今後はファストフード事業と一線を敷くようです。

既に現在、ファーストキッチンとウェンディーズは六本木などでコラボ店舗を運営している

既に現在、ファーストキッチンとウェンディーズは六本木などでコラボ店舗を運営している

そこで気になるのは、日吉店の行方です。将来的に新たな親会社となる「ウェンディーズ」の名に変わる可能性は残されていますが、報道によれば現在はファーストキッチンブランドを残す方針とされています。

米ウェンディーズは一時は日本で100店以上を展開していましたが、2009年に完全撤退。2011年に再度上陸したものの、現在は都内に3店舗のみ。このうち2店はファーストキッチンとの共同店舗となっています。

ファーストキッチンは1977(昭和52)年創業の老舗で、特に女性の人気が高いと言われています。今のところブランド力が弱いウェンディーズ店舗へ急に変更することはないものとみられますが、ウェンディーズの特徴も取り入れた新メニューにも期待したいものです。

【関連記事】

<浜銀通り>ファーストキッチンのビル4階に学習塾「湘南ゼミナール」が新規開校(2016年4月25日)

【参考リンク】

ファーストキッチン日吉店の紹介(浜銀通り)

ウェンディーズ・ジャパン


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧