女声合唱団「コールなかはら」が45周年記念演奏会、4/17(日)午後に日吉の藤原ホールで

横浜日吉新聞
「コールなかはら」45周年記念演奏会は日吉駅からすぐの慶應日吉キャンパス・協生館内の藤原洋記念ホールにて開催

「コールなかはら」45周年記念演奏会は日吉駅からすぐの慶應日吉キャンパス・協生館内の藤原洋記念ホールにて開催

日吉での日曜の午後は、本格的なホールに響く女声合唱で――川崎市中原区を中心に活動する女声合唱団「コールなかはら」は、2016年4月17日(日)14時(開場13時30分)より、慶應義塾大学日吉キャンパス・協生館内の藤原洋記念ホール(日吉駅前)にて、45周年記念演奏会を開催します。

「コールなかはら」は、1971(昭和46)年に川崎市中原市民館で開催された成人学級の女声合唱講座としてスタート。翌年に「コールなかはら」として発足し、中原区、特に市民館がある武蔵小杉を中心として活動している女性合唱団です。

今回、横浜日吉の藤原ホールを会場に選んだのは「音響も良く近いから」と、代表の笠井加代子さん。5年前の2011年に開催された40周年記念の演奏会は、東京・紀尾井ホール(千代田区)で開催したとのことで、「やはり遠く感じました」との事。藤原ホールが近い日吉駅へは、コールなかはらが拠点とする武蔵小杉から東急線でわずか4、5分程度とかなり近いため、この横浜日吉での開催に踏み切ったといいます。

一番の聴きどころは、合唱指導と当日の指揮を行うテノール歌手の鈴木与志一(よしかず)さんや、通常はピアノ伴奏を行う川井敬子さん、ボイストレーナーでソプラノ歌手の相原れいなさんによるスペシャル・ステージ。「先生方の歌声や演奏を聞いていただくだけでも、とても価値ある時間になるかと思います。特に、ピアノの川井先生は、普段は伴奏をしていただいているのですが、今回は川井先生メインの演奏をお聴きいただけます。女性合唱も、45周年にふさわしいステージに、と熱を込めて練習してきました。当日のチケット販売も予定していますので、中原区や日吉の皆さんにも、ぜひ聞いていただきたいと思います」と、今回の記念演奏会への多くの来場を呼び掛けています。

「コールなかはら」45周年記念演奏会は、全席自由、1500円(当日券の販売を予定)。詳細やお問い合わせは下記のリンクをご参照ください。

【参考リンク】

45周年記念演奏会(コールなかはらホームページ・演奏会予定)

コールなかはら45周年記念演奏会(Webなかはらっぱ=中原区民交流センター公式サイト)

藤原洋記念ホールの特徴(慶應義塾大学ホームページ)

慶應義塾大学・協生館へのアクセス(慶應義塾大学ホームページ)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧