開催迫る中央通り「日吉楽市」は8割が女性からの申込、初フリマらしい多彩な品揃えに期待

横浜日吉新聞
いよいよ4月17日(日)に初のフリーマーケットが開催される日吉中央通り。女性の出店申込が約8割と、日頃、買い物を積極的に行うと言われる多くの女性たちが、このイベントに想いを寄せていることがわかる

いよいよ4月17日(日)に初のフリーマーケットが開催される日吉中央通り。女性の出店申込が約8割と、日頃、買い物を積極的に行うと言われる多くの女性たちが、このイベントに想いを寄せていることがわかる

※4月17日(日)の「日吉楽市」は、横浜市の強風注意報および雨の天気予報により中止となりました(4月17日5時50分:主催者発表)※

いよいよ週末の日曜日に日吉中央通りが初の“フリマ”で賑わいます――2016年4月17日(日)に初の試みとして開催されるフリーマーケット「日吉楽市」。車両を通行止めにし、通常車両が走るその公道を、日吉に集う出店者らが埋め尽くす、日吉史上始まって以来の光景が広がる予定です。

今回のフリーマーケットの特色について、立ち上げからイベントの企画までの重責を担ってきた日吉中央通りフリーマーケット実行委員長中山浩光(ひろみつ)さんに聞きました。

まずは、多く質問があがっているという「どこにどうやってお店が並ぶのか」ということ。「お店は道路の中央部分で半分に区切って、背中あわせに歩道を向いて接客します。お客様にはいつも通りの“歩道”を歩いていただくんです」と中山さん。

今回は「車ごと出店」も予定されており、一般の「手持ち出店」の区画も、一般のフリーマーケットより広めの、ゆったりとした3.0メートル幅に設定。スケールの大きい商品陳列も期待できるといいます。

また、他の地域で開催されるフリーマーケットには、一般参加として参加される人々の中にも、フリーマーケットに熟練した「フリマのプロ」と呼ばれる人々が多く見受けられるとの事。

日吉の街中に多く貼られているこのポスターも既にお馴染みの風景となった

日吉の街中に多く貼られているこのポスターも既にお馴染みの風景となった

今回は、問い合わせ内容として「初めてなのだが、釣銭はどうしたら良いのか」「包装用の袋は用意したら良いのか」といった、いかにも初心者らしい質問が多かったとの事で、「フリマのプロがあまりに多いと、売り方や品揃えにもマンネリ感が漂うことが多いのですが、初めての人が多そうという印象なので、今回はそこが逆に、今回のイベントで“多彩な商品”を期待できる、面白いものになるという予感がするんです」と、初心者ならではのフレッシュな商品が期待できると力強く語ります。

さらに、一般的な市民参加型のフリーマーケットでは出店できないことが多いという「本物のプロ」のお店が出店するのも、今回のフリーマーケットの魅力だといいます。今回の日吉楽市での出店比率はおおむね「プロ=3割」「アマチュア=7割」になる予定とのこと。

例えば仏像専門の骨董屋や、中央通りにあるお店とは被らないような1000円以下の多彩な靴を揃えたお店、手芸用品各種を取り揃えたお店や、江戸切子を扱うお店、着物や帯をリメイクしたハンドメイドの和風かばん、スタイリストの衣装を扱うお店などプロフェッショナルならではの高品質、またプロらしい商品が並びます、と申込者のバラエティに富んだ出店品目に、期待感を込めているといいます。

さらに最大の特色としては、一番申込を受け付けて驚いたことが「女性からの申込が約8割」であったこと。「電話越しに話した印象では、丁寧な対応をされる方」が多く、住宅街など落ち着いた雰囲気の日吉らしさを感じたとのこと。

今回のフリーマーケットは東急電鉄「とくらく」サイトや、ケーブルテレビ「イッツコム」のイベント情報でも紹介されている

今回のフリーマーケットは東急電鉄「とくらく」サイトや、ケーブルテレビ「イッツコム」のイベント情報でも紹介されている

引っ越しを控えているので「不用品を売りたい」という人や、慶應義塾大学の学生サークル、大変売れるという子どもの衣料やおもちゃを売るママサークルの参加も予定されているといいます。「どんな掘り出しものがあるのかを探すのがフリーマーケットの一番の面白いところなんです。ぜひ、この日吉での初開催という絶好のタイミングで並ぶ商品の数々やイベントとしての散策も、ぜひ楽しんでください」と中山さん。

当日は、港北消防団のPRのためのミニ消防車の展示や、子ども用消防服に変身できるスペースも特別に設置予定とのこと。

これから開発が進む日吉・綱島エリアの中でも、綱島街道沿い、駅の反対側にばかりこれから人々の注目が集まり、新たな商業施設がどんどんオープンして、駅前の商店街は今後空洞化が進んでしまう可能性もあります。そういった開発にも負けない、新しい賑わいづくりを、ここ日吉中央商店街でのフリーマーケットを行うことでしていきたい」と、今回のイベントが今後の街づくりに与える影響について、力を込めて語ってくれました。

日吉中央通り初のフリーマーケット「日吉楽市」は、4月17日(日)9時から15時30分まで開催。日吉中央通りの日吉駅前から、「ファミリーマート日吉本町店」(日吉本町1)の角の交差点までが通行止めとなるので、車で日吉駅付近通行の場合は、注意が必要です。

※気象状況により、開催が中止となる場合があります。(詳しくは下記参考リンクをご参照ください)

【関連記事】

日吉中央通りがぎっしりと、初のフリマ「日吉楽市」人の往来も困難なほどの賑わい(2016年5月23日)

フリマで日吉駅前に賑わいを、5/22(日)に迫る「日吉楽市」主催者に聞く(2016年5月17日)

日吉中央通り初のフリマ、5/22(日)に“再チャレンジ”開催決定、熊本地震募金も(2016年4月27日)

日吉中央通りで4/17(日)に初の大規模フリーマーケット、約100店の出店募集(2016年2月29日)

【参考リンク】

フリーマーケット「日吉楽市」ホームページ(2016年4月17日開催)

フリーマーケット「日吉楽市」出店希望の方へ(出店規約・注意事項等の記載もあり)

フリーマーケット「日吉楽市」Twitter


カテゴリ別記事一覧