観客100名が審査員!綱島「ツナコメ」5/29(日)100回記念ライブに芸人17組(追記レポート有)

横浜日吉新聞
綱島を拠点に活動するお笑い集団「ツナコメ」が記念すべき100回記念のスペシャルライブ「ツナワン(T-1)グランプリ」の開催が決定!(写真:4/17に新たに決定したトーナメント表が入った案内ポスター)

綱島を拠点に活動するお笑い集団「ツナコメ」が記念すべき100回記念のスペシャルライブ「ツナワン(T-1)グランプリ」の開催が決定!(写真:4/17に新たに決定したトーナメント表が入った案内ポスター)

綱島を拠点に活動するお笑い集団「ツナコメ」が、ついに100回目の記念ライブを開催することが判明しました。来月2016年5月29日(日)に、いつもお笑いライブを行っている綱島を離れ、隣の大倉山駅が最寄りの港北公会堂(港北区大豆戸町=まめどちょう)にて、「ツナコメ100回記念スペシャル ツナワン(T-1)グランプリ」と題し、夜の19時30分から開演(開場は19時)します。

今回のテーマは「東横沿線一(いち)、面白いヤツ」。ついにツナコメの中で一番面白い芸人を決めるという趣向にて開催される予定で、最大定員600名という港北公会堂を「なんとかいっぱいにしたい」と、今回の企画を行っているツナコメ主宰の箸休めサトシさん

出演する芸人は、随時ツナコメのホームページにて発表する予定とのことで、「豪華なゲスト芸人も応援に駆けつけネタをやって頂きます。100回記念らしい伝説の1日にしますので、皆、是非皆さんに遊びに来てもらえたなら嬉しいです」と、箸休めさんは多くの来場を呼び掛けています。

東横沿線一(いち)面白い芸人は果たして誰になるのか(写真:ツナコメFacebookページより)

東横沿線一(いち)面白い芸人は果たして誰になるのか(写真:ツナコメFacebookページより)

ツナコメ100回記念「ツナワングランプリ」は、入場料500円、当日受付にて支払い、事前予約不要との事。

今後の出演芸人情報などは、下記の参考リンクをご参照ください。

<4月17日(日)追記>

出演するお笑い芸人が決定、発表されました。

対戦トーナメントをA、B、Cの三つのブロックに設定、各4組ずつが争い、各ブロックの「覇者」が、 ツナワン(T-1)グランプリの優勝を争うことが決まりました。

総合司会は、ツナコメ主宰の箸休めサトシさんが務める予定です。

また、当日、来場する先着100名の観客が「ツナワンGP審査員」として審査に参加できることも発表されました。

<4月18日(月)追記~ツナコメ主宰・箸休めサトシさんに聞く>

目指せ、ツナワングランプリ~お笑い芸人の“箸休めサトシ”さん(本名:加藤聡さん)。2013年秋にツナコメを設立。「お笑いの街、綱島」を目指し、綱島地区センターで週1回の無料公演活動を定期的に行ってきた。(写真:2016年4月9日綱島菜の花まつりにて撮影)

目指せ、ツナワングランプリ~お笑い芸人の“箸休めサトシ”さん(本名:加藤聡さん)。2013年秋にツナコメを設立。「お笑いの街、綱島」を目指し、綱島地区センターで週1回の無料公演活動を定期的に行ってきた。(写真:2016年4月9日綱島菜の花まつりにて撮影)

ツナコメ主宰で、今回の「ツナワングランプリ」を企画する箸休めサトシさんに、100回目を迎える綱島・ツナコメライブの記念イベントについて聞きました。

Q:今回出演する「お笑い芸人」の選定基準は?

A(箸休めさん):ツナコメを盛り上げてくれた功労者達です。

Q:トーナメントに入っていない「スペシャルな芸人」は何をするのか?

A(箸休めさん):「シークレット芸人」として、ショートネタでどんだけインパクトを与えて盛り上げる事ができるかの“ショートネタバトル”を行います!

Q:先着100名の審査員はどうやって審査をするのか?

A(箸休めさん):審査方法は、ワンブロック終了毎に、審査員のお客様に“面白かった芸人のプラカード”をあげていただき、「パッと見た感じ」で決めたいと思います(笑)

Q:今回のスペシャルライブ開催に向けての抱負をお聞かせください

A(箸休めさん):地域の人に支えられながら迎える“ツナコメ100回記念ライブ”皆さんに感謝の気持ちを込めて、最高のお笑いを皆さんに届けたいと思います。ぜひ、1人でも多くの皆さんのご来場お待ちしています!

(インタビュー終)

※当日、出演する芸人は、下記の予定です。

≪Aブロック≫
ブレインバスターズ、メルヘン須長、松下ひもの、えずれひろゆき

≪Bブロック≫
マンテンブラザーズ、花いちご、べっこちゃん、ヨージ

≪Cブロック≫
ジョン、さかもとしろう、電撃ブリッツ、世界事情

≪その他の出演者≫

蛾野(がの)正洋、鼻矢印(はなやじるし)永井、メルヘン総長、ワンダーワダ、おざおざ

※詳細は下記の参考リンクをご参照ください。

【関連記事】

綱島の“3大花まつり”のフィナーレは4/9(土)昼に開催の「菜の花まつり」(2016年4月3日)

<日吉台中学校>10/31(土)にお笑いライブ、綱島で話題の「ツナコメ」が登場(2015年10月2日)

【参考リンク】

ツナコメ公式ホームページ(ライブ情報ほか)

ツナコメ(お笑い防犯軍団「ツナコメ」)Facebookページ

横浜市港北公会堂ホームページ(アクセス)

追記:5月29日(日)の夜、ツナワングランプリを目指し熱き芸人たちの闘いが繰り広げられました

ファンの方の手作りだという「ツナワングランプリ」ポスター。いよいよ100回目の記念すべき一大イベントが港北公会堂で始まります

ファンの方の手作りだという「ツナワングランプリ」ポスター。いよいよ100回目の記念すべき一大イベントが港北公会堂で始まります

会場に到着すると、既に多くのお客様が!12組のプロの芸人たちが3ブロックに分かれ人気投票で勝者を決定、さらに決勝戦を実施、「グランプリ」を目指します(写真:メルヘン須長さん)

会場に到着すると、既に多くのお客様が!12組のプロの芸人たちが3ブロックに分かれ人気投票で勝者を決定、さらに決勝戦を実施、「グランプリ」を目指します(写真:メルヘン須長さん)

サウンドと画像を交えて登場する芸人たちを紹介(写真:“松下ひもの”のお二人)

サウンドと画像を交えて登場する芸人たちを紹介(写真:“松下ひもの”のお二人)

熱い闘いが繰り広げられました(写真:えずれひろゆきさん)

熱い闘いが繰り広げられました(写真:えずれひろゆきさん)

ブロック覇者がお客様の「拍手」にて決定!

ブロック覇者がお客様の「拍手」にて決定!

ブロック間にもゲスト芸人たちが場を盛り上げます(写真:メルヘン総長さん)

ブロック間にもゲスト芸人たちが場を盛り上げます(写真:メルヘン総長さん)

司会進行はおなじみ、“ツナコメ”主宰の箸休めサトシさん

司会進行はおなじみ、“ツナコメ”主宰の箸休めサトシさん

決勝に進出したのは、“マンテンブラザーズ”のお二人(写真)、メルヘン須長さん、“電撃ブリッツ”のお二人。拍手喝さいの中、決勝進出となりました

決勝に進出したのは、“マンテンブラザーズ”のお二人(写真)、メルヘン須長さん、“電撃ブリッツ”のお二人。拍手喝さいの中、決勝進出となりました

残念ながら決勝に進めなかった芸人たちにも、熱い拍手や、全く拍手なし、のプレゼントも(写真:“花いちご”のお二人)

残念ながら決勝に進めなかった芸人たちにも、熱い拍手や、全く拍手なし、のプレゼントも(写真:“花いちご”のお二人)

熱き決勝戦を制したのは“マンテンブラザーズ”のお二人

熱き決勝戦を制したのは“マンテンブラザーズ”のお二人

優勝トロフィーや花、名前入りのポスター額など、様々豪華賞品が授与されました

優勝トロフィーや花、名前入りのポスター額など、様々豪華賞品が授与されました

ゲスト芸人表彰では、アコーディオンを使ったステージで笑いを誘ったメルヘン総長さんが受賞

ゲスト芸人表彰では、アコーディオンを使ったステージで笑いを誘ったメルヘン総長さんが受賞

大盛り上がりの2時間余りのステージとなりました。次回、150回、また200回記念大会目指して、皆さん、ぜひまた楽しいお笑いを綱島に!日々の活動、心待ちにしています

大盛り上がりの2時間余りのステージとなりました。次回、150回、また200回記念大会目指して、皆さん、ぜひまた楽しいお笑いを綱島に!日々の活動、心待ちにしています


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧