日吉・綱島住民はぜひダウンロードしたい!身近な地図とバスの路線図

横浜日吉新聞
p160408p0004

かなり細かい地図になっています

港北区役所はこのほど、2016年版の「港北区ガイドマップ」をインターネット上に公開するとともに、区役所1階の1番窓口でも配布を始めました。このマップは学校や幼稚園、保育所といった公共施設はもちろん、バスの路線も書き込まれており、自分の住む家の近所を知るには最適な作りとなっています。

ただ、紙で活用するとなると全体でかなり大きなサイズとなりますので、分割PDFファイルをダウンロードして、印刷したり、パソコンやスマートフォンに保存しておくと有益かもしれません。

・日吉(日吉町、日吉本町、箕輪町、下田町)をはじめ、日吉寄りの綱島や高田の方に最適なのは「分割図2」(PDF)

・綱島駅の周辺や鶴見川沿いの方には「分割図4」(PDF)

上記の2枚があれば、日吉や綱島の全体図がカバーできます。

そして、意外と便利なのが港北区内のバス路線を網羅した「バス路線図」。バス会社が発行する路線図は自社路線しか載せていないので、他の便利な路線を見逃してしまうこともあるのですが、区の路線図は、東急バスはもちろん、川崎鶴見臨港バスや横浜市営バスなど、区内に乗り入れている路線はすべて載っています。

区内を走るバス路線を網羅しているので便利です

区内を走るバス路線を網羅しているので便利です

日吉駅も綱島駅も覚えきれないほどの路線がひしめいており、このマップから意外な発見があるかもしれません。たとえば、下田町から武蔵新城駅(南武線)へのバス(東急「城01」)があったり、日吉3~4丁目周辺はバス路線の空白地帯で残念な気にさせられたり、綱島駅からは川崎や鶴見方面への路線が充実していたり(臨港バス「川51」「鶴01」、横浜市営バス「13系統」)、全体図だからこそ見えてくるものがあります。

ちなみに綱島駅から港北区役所や菊名駅経由で横浜駅西口を結ぶ市営「59系統」は、東急東横線が並走しているためか、市営バスのなかでも営業成績が悪いようですので、区役所へ行く際にはぜひご利用ください。大倉山駅から歩かなくていいので楽です。

バスマップは下記から見ることができます。

・港北区内のバス路線図PDFはこちら

・バス乗り場と全路線の案内PDFはこちら

PDFファイルのため若干扱いづらい点もあります。ぜひスマートフォン用のアプリ化を願いたいところです。

【関連記事】
<日吉新生活ガイド2>鉄道3路線が乗り入れ、東京も横浜も便利に通える好環境(2016年2月6日、バスに関する紹介も)

【参考リンク】
港北区ガイドマップ(すべてのページをPDFファイルで閲覧できます)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧