綱島東「どろっぷサテライト」の魅力とは?利用説明会は3/26(土)まで3日間(後日レポート有)

横浜日吉新聞
いよいよ3月30日にオープンを控えた子育て支援拠点「どろっぷサテライト」の利用説明会が開催される。見通しの良さが特長。ピアノは横浜市民の方からの寄贈されたとのこと

いよいよ3月30日にオープンを控えた子育て支援拠点「どろっぷサテライト」の利用説明会が開催される。見通しの良さが特長。ピアノは横浜市民の方からの寄贈されたとのこと

新築で建てられた子育て支援施設に、地域との交流スペースとしての期待が高まっています。綱島東小学校(綱島東3)の北門近く(諏訪神社側)に2016年3月30日(水)にオープンを予定している港北区の子育て支援施設「地域子育て支援拠点サテライト」(愛称「どろっぷサテライト」)の利用説明会がきょう3月24日(木)から26日(土)までの3日間にわたり開催されるのを前に、その特長や魅力に迫りました。

まずは、“新築の匂い”が感じられる、明るく開放的なエントランス入口近くにすぐ出入りしやすい小さなスペースの部屋が2つ設置されており、「ここは、地域の方とより親しむ交流スペースとしても活用しようとこの入口に近い場所に作ることにしました」と、どろっぷサテライトの施設長で、社会福祉士の原美紀さん

出入口近くにすぐに出入りが可能な小さな部屋を二つ配置。「地域の方々との交流をしやすい構造にしました」と施設長の原美紀さん

出入口近くにすぐに出入りが可能な小さな部屋を二つ配置。「地域の方々との交流をしやすい構造にしました」と施設長の原美紀さん

大倉山に2006年にオープンし10周年を迎えた地域子育て支援拠点「どろっぷ」(大倉山3、特定非営利活動法人びーのびーの運営)の施設長を兼任する原さん。現在、横浜市では18区のうち5区で2カ所目となる「サテライト」の設置を予定していますが、この綱島東の「どろっぷサテライト」がもっとも早い開設となったことについて、原さんは「どろっぷ」が多くの利用者に支持されてきたことがその背景にあると語ります。

そんな大倉山どろっぷでの運営のノウハウを活かし、新たに新築で開設される「どろっぷサテライト」は、縦に長い構造の「どろっぷ」とは異なり、「建物が四角形に近く、全体を見渡せる構造になっている」といいます。

離乳食教室などにも活用できそうなキッチン台。エントランスや遊びのスペースも見渡せる。安心して子どもたちを見守れるように配慮されている

離乳食教室などにも活用できそうなキッチン台。エントランスや遊びのスペースも見渡せる。安心して子どもたちを見守れるように配慮されている

キッチン台では、離乳食教室なども開催でき、ここからも遊ぶスペース全体をも見渡せるんです」と、その開放感や、赤ちゃんや子どもを見守るにあたり大切な「視界」を重視していることを強調します。

また、「どろっぷ」には少ないという収納も多く取り入れ、幅広い年代層や、地域の方も利用しやすい“通常の”トイレを2階に設置したといいます。

子どもたちが屋外でもどろんこになり遊べるよう、庭の活用についても力を入れたいといい、「水に親しめるような池と、野菜づくりなど土に親しめる畑も作りたいと思っています」と原さん。マンション住まいが多いこの地域の子育て家庭がなかなかそういった機会がないことについても語ります。

どろんこ遊びがめいっぱいできそうな庭。「マンションに住む子どもたちにも、水や土とふれあう楽しさを」と、池や畑の設置も予定されている。奥に見えるのは隣接する綱島東小学校

どろんこ遊びがめいっぱいできそうな庭。「マンションに住む子どもたちにも、水や土とふれあう楽しさを」と、池や畑の設置も予定されている。奥に見えるのは隣接する綱島東小学校

「綱島は、JA日吉(日吉本町3)で野菜の朝市を開催するほどの野菜づくりが盛んな場所とも聞きました。ぜひ、地域の皆さんに野菜づくりのコツや、楽しみを子どもたちにも教えていただけるような機会も作っていけたら」と、綱島に開設する子育て支援施設ならではの取り組みをぜひ行っていきたいと、新たな挑戦に夢を膨らませます。

既に、「大倉山どろっぷ」で行っているような、地域の小学校との交流にも力を入れたい考えで、「現在、どろっぷには大綱小学校(大倉山4)や、太尾小学校(大倉山7)の多くの生徒が、赤ちゃんや未就学児との交流ボランティアに多く駆け付けています。ぜひ、このどろっぷサテライトでも、すぐ隣にある綱島東小学校など近隣の小学校や、地域の方々ともより深く交流し、また多くご利用もいただきたいと思います」と原さん。小学校に近いという立地をフルに活用し、赤ちゃんや子どもから地域の大人、高齢者にいたるまで、異世代交流施設としての役割も担っていきたいと、この施設のオープンを目前にしての決意を語ってくれました。

二階には会議スペースも

二階には会議スペースも

綱島東「どろっぷサテライト」は、2016年3月30日(水)にオープンを予定しています。利用者説明会は、きょう3月24日(水)と25日(金)は10時から15時、26日(土)は10時から12時までの3日間の開催、所要時間は施設の見学含めて約60分程度とのことです。

詳細は、下記のリンクをご参照ください。

どろっぷサテライトの前をたまたま通りかかった子連れの方にも、職員が丁寧に対応していた。この地域の子育て支援にどんな役割を果たしていくのかに注目が集まる

どろっぷサテライトの前をたまたま通りかかった子連れの方にも、職員が丁寧に対応していた。この地域の子育て支援にどんな役割を果たしていくのかに注目が集まる

【関連記事】
綱島東小近くの子育て支援施設、3/30(水)のオープンを前に事前説明会(2016年3月14日)

綱島東小近くに「どろっぷ」のような子育て支援拠点、来年3月にオープン(2015年12月1日)

【参考リンク】
港北区地域子育て支援拠点サテライト利用説明会(3/24~26)について(「どろっぷ」ホームページ)

 

追記レポート:2016年4月27日、もうすぐオープン1カ月の「どろっぷサテライト」を訪問しました

もうすぐ「どろっぷサテライト」もオープンから1カ月。現場が気になり訪問。2階外には鯉のぼりが飾られていました

もうすぐ「どろっぷサテライト」もオープンから1カ月。現場が気になり訪問。2階外には鯉のぼりが飾られていました

入口近くの花壇には綺麗な花たちが。左手に見える横浜市港北区の木・ハナミズキが淡いピンク色の花を咲かせていました

入口近くの花壇には綺麗な花たちが。左手に見える横浜市港北区の木・ハナミズキが淡いピンク色の花を咲かせていました

芝生も青々、外遊びもOK!建物右手の庭も、すっかり整備が進んでいました

芝生も青々、外遊びもOK!建物右手の庭も、すっかり整備が進んでいました

入口を入ったすぐのカウンター前には、可愛らしいすべり台が設置されていました

入口を入ったすぐのカウンター前には、可愛らしいすべり台が設置されていました

メインの「遊びの部屋」は、たくさんの親子連れで賑わっていました

メインの「遊びの部屋」は、たくさんの親子連れで賑わっていました

ドリンクコーナーも設置されていました。「カフェインレスコーヒー」が授乳中のママたちにとって嬉しい

ドリンクコーナーも設置されていました。「カフェインレスコーヒー」が授乳中のママたちにとって嬉しい

「ママも休憩してね」の言葉が嬉しい癒しの時間に効く薬

「ママも休憩してね」の言葉が嬉しい癒しの時間に効く薬

入口近くの部屋にも、絵本が用意されていました

入口近くの部屋にも、絵本が用意されていました

綱島東小(写真後方は校舎)も近く、外の庭もすっかり整備されつつあるこの「どろっぷサテライト」の施設を、より多くの親子連れに利用してもらえたら、と思いながら現場を後にしました。ぜひ、楽しい子育ての時間、利用者どうし、より一層分かち合えますように!

綱島東小(写真後方は校舎)も近く、外の庭もすっかり整備されつつあるこの「どろっぷサテライト」の施設を、より多くの親子連れに利用してもらえたら、と思いながら現場を後にしました。ぜひ、楽しい子育ての時間、利用者どうし、より一層分かち合えますように!


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧