<日吉・綱島の2016年4月認可園最終>保育所落ちた、どうすればいいんだ?

横浜日吉新聞
横浜市保育室に空きがあればいいのですが……

横浜保育室に空きがあればいいのですが……

港北区では、今年(2016年)4月1日に認可保育所(小規模保育園含む)へ入所するための応募は2月10日で締め切られ、2次募集の結果は3月9日(水)に発送するとしており、間もなく応募者の手元に届く頃です。ここで入所が決まれば問題はありませんが、もし決まらなければどうすればいいのでしょうか。

最近、都内在住の30代前半の女性が書いたとされる「保育園落ちた日本死ね!!!」と題したブログが共感を集めているように、保育所へ入れないということは、保護者の仕事復帰への道を閉ざしかねません。

日吉・綱島地区はファミリー世代の人口増により、横浜市内では1~2を争う保育所不足となり、数年前まで認可園に入るのは至難でした。あえて同ブログ風に言えば、「何が“みなとみらい”だよ、保育園さえ入れない横浜に未来なんてないだろ。まじいい加減にしろ横浜市」と叫びたくなったものです。しかし最近では日吉・綱島に対し、積極的な認可園新設など、市が重点的に改善策を打ち出しつつあります

その一つとして、1~2歳児向けに最近開設したばかりの保育園で1年もしくは2年間の限定受け入れを行う取り組みがあります。これは、開園当初は4~5歳児の数が少ないため、そのスペースを使ってニーズの多い1~2歳児を預かる仕組みで、日吉・綱島地区では、4月から下記の3つの保育園で受け入れが行われる予定となっています。

<1歳児のみ1年間限定>
(仮称)テンダーラビング保育園綱島東港北区綱島東4丁目10※今年4月開園、東急バス日91系統「綱島東四丁目」下車)

<2歳児のみ1年間限定>
第二尚花(しょうか)愛児園港北区綱島西1丁目16-27、綱島駅西口から徒歩6分)

<1歳児のみ2年間限定>
(仮称)佐分利保育園つなしま園港北区綱島西6丁目3※今年4月開園、日吉本町駅から徒歩10分)

上記の3園では、3月10日(木)から17日(木=必着)まで応募を受け付けます。ただし、各保育園によって募集人数や応募の仕方がまちまちですので、まずは希望する園に問い合わせる必要があります。

詳細な応募要項については、横浜市のページを参照してください。

このほかに、検討してみたいのが「横浜保育室」の空きがないか探すことです。いわゆる「認可園」ではありませんので、横浜市による募集や選考とは異なる形で入園を受け付けています。なお、横浜市からの助成や監査を受けているため、保育料や設備に関しては市が定めた水準となっています。

※スマートフォンでご覧の場合、「横」位置で見られる設定になっていると、一覧表の入所待ち人数の部分まで見ることができます。

日吉・綱島の横浜保育室(2016年3月現在) 定員
さくらんぼ保育園(日吉本町1丁目3-4-2階) 32
日吉ルーテル同胞教会星の子ルーム(日吉本町1丁目5-41-2階) 20
イルカ保育園(日吉2丁目4-3) 30
はなまる保育園(綱島東1丁目13-2) 65
横浜保育室リトル スカラー(綱島西1丁目2-7) 30
ピコピコハウス(綱島西2丁目1-7-2階) 30
保育室ウッズ(綱島西2丁目13-3) 44
SUNSUNキッズあいらんど(綱島西2丁目13-1-2階) 110
キッズパートナー綱島(綱島西3丁目6-19-2階) 27
保育室プリンプリンルーム(綱島西3丁目9-12) 52

日吉と綱島地区には、合計10の横浜保育室があるのですが、そこでも空きがない場合は、日吉と綱島に5つある横浜市に届出済みの「認可外」保育施設を探してみることになります。いずれの施設も市の認可外保育施設指導監督基準を満たしています。

なお、下田町の「くじら保育園」については、2016年4月から横浜市の小規模保育園となるため、認可外での受け入れについては未定とのことです。

※スマートフォンでご覧の場合、「横」位置で見られる設定になっていると、一覧表の入所待ち人数の部分まで見ることができます。

届出済みの「認可外」保育施設(2016年3月現在) 定員
くじら保育園(下田町5丁目29-23) 未定
ベネッセ日吉保育園トゥインクル一時保育室(日吉4丁目1-1慶應協生館内) 15
港北子育て支援ワーカーズ・コレクティブ ココット(日吉5丁目24-33) 18
保育所ちびっこランド日吉園(日吉2丁目12-7) 30
プリンプリンルーム+2(綱島西3丁目9-14) 44
はっぴーはーと保育園(綱島西6丁目7-10) 20

4月の入所を諦めるという場合は、5月以降は毎月応募することもできます(5月分の締め切りは4月8日です)。ただし、空きはなかなか出ないかもしれません。5月以降は申請書類についても「郵送での申請は受け付けておりません。必ず窓口へお越しください。締切より10日程度の余裕をもってご提出ください」としており、手続きに手間が取られます。

2016(平成28)年度(4月1日~)は日吉・綱島地区で約260人分の定員が増やされましたので、保育所を希望するみなさんが何とか全員入れることを祈っています。

【関連記事】

二次でも決まらない場合の救済措置、新設認可園で1~2歳児を1年限定保育(2016年2月7日)

日吉に近い綱島に新開設の認可2保育園、4月の完成へ向け工事が進展中(2015年12月25日、テンダーラビング保育園綱島東と佐分利保育園つなしま園の工事状況)

保育所不足の日吉と綱島に9園を新設、約260人分の受け入れ枠を拡大(2016年3月6日)

【参考リンク】

平成28年度 保育所等利用申請について(港北区、5月以降の申請受付期間についても)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧