3年後には日吉・綱島から“ご近所”になる「新横浜」、ニュースや話題を発信します

横浜日吉新聞
新横浜
「新横浜通信」のアイキャッチマーク

「新横浜通信」のアイキャッチマーク

3年後には新横浜が日吉や綱島から身近な沿線になる――。今は東海道新幹線に乗降する時をはじめ、横浜アリーナ、港北警察署やハローワーク港北の利用時などでしか訪れることが少ない新横浜の街ですが、2019年4月に開通を予定している相模鉄道・東急線の相互直通運転の新路線開通後は、新横浜は日吉から2駅先、新綱島にいたっては隣の駅となり、すっかり“ご近所”という形になります。

この「新横浜通信」では、日吉や綱島住民にとって、新幹線や公共施設の印象が強い新横浜の街ですが、3年後に向けて知識を深めるために、さまざまな話題を発信していく予定です。

これから時折、ニュースや話題を掲載していきますので、ご愛読のほどどうかよろしくお願い申し上げます。

【関連記事】

2019年4月の東急・相鉄直通まで4年弱、日吉住民から見たメリットとデメリットを考える(2015年8月15日)

横浜日吉新聞がカバーするエリアにつきまして(2016年2月24日付けのお知らせ)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧