良い人間関係を築く対話法を学ぶ、慶應大学院が2/28(日)にワークショップ

横浜日吉新聞
ファシリテーター(進行者)は同大学院の研究科委員長で「ヒューマンラボ」の前野隆司教授ら4氏がつとめる

ファシリテーター(進行者)は同大学院の研究科委員長で「ヒューマンラボ」前野隆司教授ら4氏がつとめる

慶應義塾大学大学院のシステムデザイン・マネジメント(SDM)研究科は、2016年2月28日(日)の10時から16時まで「幸せな人間関係を構築する対話法」と題したワークショップを開きます。

同研究科では人間関係をよりスムーズにするための対話法についての研究が行っており、相手と良好な人間関係を築くための対話補助ツールを設計したといいます。このツールの効果測定を目的とし、研究の一環でワークショップが開かれるものです。

同研究科では「上司など、歳の離れた相手の考え方を理解したい方」「若手を指導するのに、相手の視点を掴む方法を知りたい方」「恋人との関係をより親密な関係にしたい方」などに参加を呼び掛けています。

ワークショップでは、4~6人1組になって人間関係を良好に保つための対話法を学ぶ形となり、定員は80人となっています。参加は無料ですが、事前の申し込みが必要です。申し込み締め切りは2月21日午前8時30分で、申込者が多数の場合は抽選となります。

【参考リンク】
ワークショップ「幸せな人間関係を構築する対話法」のお知らせ(2016年2月21日申し込み締切)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧