港北区内の「救急車」出動は右肩上がり、区民の24人に1人が使った計算に

横浜日吉新聞
至近距離にある日吉消防出張所の救急車が出動中だったため、慶應大学日吉キャンパス内に来たのは鶴見区の駒岡出張所に所属する救急車だった(2015年)

至近距離にある日吉消防出張所の救急車が出動中だったため、慶應大学日吉キャンパス内に来たのは鶴見区の駒岡出張所に所属する救急車だった。出動件数がひっ迫するとこうしたことが起こる(2015年)

港北消防署での2015年の救急車出場件数は1万4297件となり、昨年より255件増えていたことがわかりました。これは区民の24人に1人が利用している数字でした。

区内では救急車の出動は1日に39.2回となり、36分45秒に1回の割合で出動していることになります。昨年と比べて特に急病での利用が増えていました。

救急車は「港北消防署」(大豆戸町26)をはじめ、箕輪町1丁目の「日吉消防出張所」「高田消防出張所」(高田西2)、「篠原消防出張所」(篠原町1312)、「新羽(にっぱ)消防出張所」(新羽町2357)にそれぞれ配置されていますが、区内に5台しかありません。

年々、救急車の出動回数は右肩上がりで伸びている状況のため、軽症で使うことは避けたいものです。

【関連記事】
<3分に1回、多発する119番通報>日吉には救急車が1台しかない現状を知る必要(2015年12月14日)

【参考リンク】

横浜市消防局港北消防署の紹介ページ

港北区内にある消防出張所(日吉や綱島など)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧