<保育園の空き>2歳以下の2月入園枠は区内でわずか3人、日吉と綱島の小規模園

横浜日吉新聞
2016年2月1日に入園可能な2歳児以下の空き枠はわずか3人だった

2016年2月1日に入園可能な2歳児以下の空き枠はわずか3人だった

横浜市認可保育園や小規模保育事業に、2016年2月1日付けで入園ができる空き状況が港北区から1月5日に発表されました。区内で0歳児の受け入れが可能なのはでわずか1人。1歳児はゼロ、2歳児の枠は2人という状況で、いずれも日吉と綱島の小規模保育園でした。

唯一、0歳児の受け入れが可能だったのは、日吉本町1丁目の駅西口バスターミナルに近い「スターチス日吉保育園」。一方、2歳児は、日吉駅西口から徒歩7分程度の箕輪町1丁目にある「日吉チューリップルーム」と、綱島東4丁目の「Luce陽だまりの家保育園綱島」でそれぞれ1人ずつ受け入れ可能となっていました。

相変わらず0~2歳の受け入れ不足状態が続いていますが、日吉・綱島地区では、2歳以下の保育を専門とする小規模保育園の整備が少しずつ進んでいます。既に発表された綱島西2丁目の「尚花(しょうか)愛児園ゆりかご園」のほか、来年4月の開園に向けて綱島東3丁目と日吉本町3丁目でそれぞれ整備の動きもあります。

【関連記事】
「綱島SST」近隣に認可保育園を2つ新設、日吉・綱島の4月入園枠は約500名規模(2015年10月16日)

【参考リンク】

スターチス日吉保育園(西口バスターミナル近く)

日吉チューリップルーム(箕輪町1)

Luce陽だまりの家保育園綱島(綱島東4)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧