野村の大型マンション「プラウド日吉」、モデルルームは1/9(土)から一般公開

横浜日吉新聞
右側が建設中の「プラウド日吉」、左がモデルルーム入口

右側が建設中の「プラウド日吉」、左がモデルルーム入口

野村不動産が箕輪町2丁目で建設中の大型マンション「プラウド日吉」では、2016年1月9日(土)にモデルルームを一般公開すると発表しました。

同マンションは、近隣にあるNRI野村総研の日吉寮内にモデルルームの建物を10月には完成させており、一部顧客に限ってモデルルームを公開していたようです。1月9日の正式オープン以降は、ホームページ上からも見学申し込みが可能となりました。

プラウド日吉は、この地にあった「DOWAサーモテック横浜工場」の6835平方メートルに及ぶ跡地を野村不動産が取得。6階建て177戸のマンションを2016年9月下旬に完成させる予定としています。

同マンションは、同じく野村不動産が開発を主導するパナソニック跡地の「綱島サスティナブル・スマートタウン(綱島SST)」と、アピタ日吉店などの再開発地の中間的な場所に建設されていることから、今後の人気化が予想されています。

【関連記事】
箕輪2に建設中の「プラウド日吉」、野村総研寮の敷地内にモデルルーム完成(2015年10月5日)

【参考リンク】
プラウド日吉公式ホームページ


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧