<アピタ日吉店>閉店後も頑張る2つの飲食店、駐車場も一部利用できます

横浜日吉新聞
綱島側の正面出入口に貼り出された喫茶「カフェ・ラ・ターブル」の告知

綱島側の正面出入口に貼り出された喫茶「カフェ・ラ・ターブル」の告知

2015年11月29日に閉店したアピタ日吉店(箕輪町2)では、現在も5店舗が継続して営業していますが、建物内の人通りは激減しているのが現状です。そんななかで、2つの飲食店が利用者を呼び込もうと努力しています。

1階で営業を続ける喫茶「カフェ・ラ・ターブル」は、綱島側の正面出入口に平日は11時30分から17時まで営業しているとの情報を書いた紙を掲出。平日は12時から15時まで、ハンバーグや日替わりパスタなどの食事メニューを提供していることを知らせています。

「サブウェイ日吉店」では、駐車場が利用できるとの告知も

「サブウェイ日吉店」では、駐車場が利用できるとの告知も

一方、日吉側の出入口近くの店外にある「サブウェイ日吉店」では、建物屋上や1階平面にがらんと空いた駐車場のうち、数十台分が利用できるとの情報を貼り出しました。同店はアピタの敷地内で独立した建物を持っており、9時から21時まで無休で営業しています。

アピタ日吉店の近くへ行った際はぜひ立ち寄ってみてください。

【関連記事】
アピタ日吉店は閉店しても店内で4店が営業中、外のサブウェイ日吉店も(2015年12月2日)

【参考リンク】
サブウェイアピタ日吉店


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧